【ボディビルダーが選ぶ】おすすめのホエイプロテイン10選

サプリメント

自宅やジムで筋トレをしている人はもちろん、健康増進を目指す方に有効なアイテムがホエイプロテインです。

しかし近年では、多くのメーカーから様々な種類のホエイプロテインが発売され、一体どのプロテインを選べば良いのか迷ってしまいますよね?

そこで今回は『ボディビルダー』兼『サプリメント販売員』でもある筆者がプロの目線から、本気で選んだ10個のホエイプロテインをご紹介します。

「これからホエイプロテインの購入を検討している」という方はもちろん、「今飲んでいるプロテインを替えてみようかな・・・」と思っている方は必見です。

ホエイプロテインって?

https://unsplash.com/photos/X9PHLK8ibyU

ホエイとは『牛乳に含まれるタンパク質の一種』です。

他にもソイプロテイン やカゼインプロテインなどの種類が存在しますが、そんな中でもホエイプロテインは『最も身体つくりに有効なプロテイン』といえます。

その理由は大きく2つあり、『吸収スピードが早いこと』『タンパク含有量が高いこと』です。

筋トレで、筋肉を付けたい人には、特におすすめのプロテインです。

ホエイプロテインの製法について

https://unsplash.com/photos/xD5SWy7hMbw

ホエイプロテインの製法は大きく分けて3つ存在します。

それぞれの製法の特注は以下の通りです。

WPC製法WPI製法WPH製法
タンパク含有70~80%90%以上/
吸収速度3〜4時間1〜2時間20分〜30分
乳糖・脂質含まれるほぼ除去ほぼ除去
価格安い高い高い

WPH製法は、吸収速度に優れていますが、タンパク含有率の面では非常に少ないです。

その事から考えると、『WPI製法』が現在最もおすすめのプロテインだと言えます。

更に詳しく知りたいという人は、以下の記事をご覧下さい。

ホエイプロテインの選び方

https://pixabay.com/

実際にホエイプロテインを選ぶ際の4つのポイントについてお話しします。

パッケージやメーカーイメージに囚われることなく、正しいプロテインの選び方を理解して商品を選択することが大切です。

  • ・製法で選ぶ
  • ・味で選ぶ
  • ・価格で選ぶ
  • ・人工甘味料に注意

製法で選ぶ

「可能な限り品質が良いものが欲しい」という方は、製法で商品を選ぶようにしましょう。

『ホエイプロテインの品質=製法』といっても過言ではありません。

既存の製法で最も高品質なWPI製法のホエイプロテインを選ぶことで、より効率良くタンパク質を摂取することができます。

WPIホエイの魅力は、『タンパク含有量が多いこと』や『吸収スピードが早い』だけではありません。

ダイエットの敵である、糖質や脂質をほぼ除去することができているので、ダイエットの強い味方でもあります。

味で選ぶ

ホエイプロテインを飲んだからといって、瞬時に筋肉が発達する訳ではありません。

あくまで『食品』ですので、長期間に渡って摂取し続けることが必要です。

いくら品質が良くても、不味いプロテインでは長続きしないし、プロテイン自体を嫌いになってしまいます。

最近のプロテインは、味もかなりこだわって作られています。

自分が気に入った味のプロテインを選ぶことも大切です。

価格で選ぶ

ホエイプロテインを長期間に渡って飲み続ける為には、コストパフォーマンスも非常に重要です。

もちろん高品質なプロテインを飲み続けることが出来れば理想ですが『国産のWPIプロテイン』の様な品質の高い商品は、価格も高価である場合が多いです。

自分が飲み続けることができる『価格』のプロテインを選択することも大切です。

人工甘味料に注意

特に海外産のプロテインでよくある問題が、『人工甘味料が大量に含まれている』ことです。

プロテインは基本的に甘さを付けるために人工甘味料を使用します。

その理由は、天然の砂糖や果糖は『カロリーがある』からです。

人工甘味料ならば数値上は『0カロリー』ですので、太る心配もありません。

しかし大量の人工甘味料は、健康に害する可能性もありますので注意が必要です。

飲んでみて『あまりにも甘いプロテイン』や『独特の風味がする』という場合は、よく裏面の栄養成分表をチェックしてみましょう。

おすすめのホエイプロテイン10選

https://unsplash.com/photos/3qByvwN9q5g

ここからは、『ボディビルダー』兼『サプリメント販売のプロ』である筆者が本気で選んだプロテインを10個ご紹介します。

定番のものから少しマニアックなものまで様々ですが、どれも『味・品質』共に良質なものばかりです。

プロテイン選びで迷っておられる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

1.ゴールドジム: WPIホエイプロテイン

出典:https://www.amazon.co.jp/

『品質』と『味』共に最強のプロテインです!

高品質なWPIプロテインなので、タンパク含有率も高く、余分な糖質や脂質もほぼ除去されています。

ただお値段が高いことだけが難点です…。

ゴールドジム プロテインは全て国内加工されており、品質は折り紙付きなので、とにかく高品質なプロテインをお求めの方にはおすすめの逸品です。

・WPI製法を使用した高品質プロテイン

・タンパク含有量90%以上!

・トレーニング後に嬉しい『ホエイペプチド』を配合(トレ後約20〜30分で吸収される)

・BCAA高配合

・国内大手食品工場や医薬品工場で生産しているから安心

2.ゴールドスタンダード:WPIホエイプロテイン

出典:https://www.amazon.co.jp/

海外プロテインの中でも最も人気のプロテインです。

サプリメントの海外大手メーカー『オプティマム社』が生産しているだけあって、多くの有名ボディビルダーやアスリートも愛用しています。

海外産のサプリメントの購入を検討されている方に『最もおすすめのプロテイン』です。

・WPI製法なのでタンパク高含有。糖質と脂質などの余分なものは除去されている

・海外産だが『甘すぎない味付け』で飲みやすい

・海外サプリメント大手『オプティマム社』が製造

・グルタミン配合で、トレーニング後のリカバリーにも最適

3.マイプロテイン:Impactホエイアイソレート

出典:https://www.myprotein.jp/

大人気マイプロテインが販売する『WPIプロテイン』です。

マイプロテインの特徴はなんと言っても『コスパの良さ』で、高品質なこのWPIプロテインでも、1KGあたり3,490円(キャンペーン時)と圧倒的な低価格で購入できます。

味付けは、海外特有の甘さがありますが「プロテインをとにかく大量に飲んで大きくなりたい!」という方にはおすすめです。

・圧倒的なコストパフォーマンス

・高品質なWPI製法

・40種類以上のフレーバー

・キャンペーン適用で更に安くなる場合も

4.ファインラボ:ピュアアイソレート

出典:https://www.amazon.co.jp/

国内メーカーである『FineLab』が販売しているプロテインです。

こちらはWPI製法の中でも、更に特殊な『CFM』という製法を使用。

タンパク含有量と不要物質(糖質・脂質)の除去率はトップクラスです。

味もすっきりしており、甘いのが苦手な方でも飲みやすいプロテインです。

FineLabの社長は『鈴木克彰』氏という有名なボディビルダーですので、当然プロテインの品質にもこだわっています。

・WPI製法で高品質

・有名ボディビルダーが手掛けた『こだわりのプロテイン』

・スッキリした味付けで、甘いのが苦手な方にもおすすめ

・WPI製法の中でも特殊な『CFM』製法を使用している

5.ザバス:ホエイプロテイン100

出典:https://www.amazon.co.jp/

お馴染みザバスプロテインです。

WPC製法で特筆すべき特徴はありませんが、今ではスポーツ量販店はもちろん、薬局やスパーマーケットでも販売されています。

中々、店頭で見かけることが少ないプロテイン市場ですが、市場シェアでは国内トップの商品と言えます。

生産メーカーも超大手食品メーカー『meiji』であることから、品質・安全性ともに安心です。

・国内大手食品メーカー『meiji』だから安心・安全

・価格は4,000円代(1kg)と国産プロテインの中ではかなりのコストパフォーマンス

・スーパー、薬局でも気軽に購入できる

・4つのサイズ展開(10.5g,294g,1050g,2520g)と豊富なラインナップ

6.DNS:ホエイプロテインSP

出典:https://www.amazon.co.jp/

DNS製品の中でも特に品質を重視したのが、この『ホエイプロテインSP』です。

特筆すべきは、プロテインと一緒に『HMB』を摂取できること。

HMBには、筋肉の発達を促進させる『mTOR』という酵素を刺激する役割があり、プロテインと一緒に摂取することで、より筋肉の発達を促進させることできます。

・大手スポーツメーカー『DNS』だから安心・安全

・HMB、グルタミン配合で筋肉の発達を促進

・日本人好みの味付けで飲みやすい

7.エクスプロージョン:ホエイプロテイン

出典:https://www.amazon.co.jp/

エクスプロージョンのプロテインは『とにかく安い』ことが特徴です。

国内メーカーでありながらも『1kgあたり1,299円〜』と国内・海外メーカー合わせてもトップクラスのコストパフォーマンスを誇ります。

「プロテインを大量に飲みたい。けれどお金が無い・・・」という学生のために作られたプロテインですので、大容量かつ低価格が魅力です。

・国内メーカーながらもコストパフォーマンス抜群

・とにかくプロテインを大量に飲みたい方におすすめ

・『パワーリフティング日本記録保持者』である代表が、作ったこだわりのプロテイン

8.マッスルファーム:コンバット100%ホエイプロテイン

出典:https://www.amazon.co.jp/

アメリカで大人気のサプリメントメーカー『マッスルファーム』のホエイプロテインです。

なんと価格は約2kgで、6,000円代と海外プロテインの強みを生かした低価格が魅力です。

アメリカの格闘技団体UFCのトップファイター達が使用していることから、最近ではかなり人気が高まっています。

甘みが強いので「日本のプロテインのさっぱりした味付けが苦手・・・」という方におすすめです。

・1食あたり25gのタンパク質がしっかりと摂取できる

・UFC(アメリカの格闘技団体)の選手たちが愛用

・甘いプロテインが好きな方におすすめ

・INFORMED CHOICE(LGC)で、アンチドーピング認証済み

9.グリコ:ホエイプロテイン(低糖質・高たんぱく)

出典:https://www.amazon.co.jp/

大手食品メーカー『グリコ』のホエイプロテインです。

この商品の特徴は、商品名の通り『低糖質・高たんぱく』であること。

味もノンフレーバーで、味付けは正直美味しくありません。

しかしタンパク質含有率95%に加えて、ビタミンや鉄などの栄養素も配合されており、品質は最高スペックです。

「本気で身体つくりをしたい!」という方におすすめです。

・大手食品メーカー『グリコ』だから安心・安全

・余分なものは除去した『高品質プロテイン』

・ノンフレーバーなので、オレンジジュースや野菜ジュースに溶かすのもおすすめ

10.健康体力研究所:100%CFMプロテイン グルタミンプラス

出典:https://www.amazon.co.jp/

既存するプロテインの製造の中で最も優れている製法が『CFM製法(WPI製法の一種)』です。

タンパク含有率はもちろん、グルタミンも加えているので、トレーニング後の筋分解抑制と免疫向上効果も期待できます。

味付けもさっぱりしており、甘いプロテインが苦手な方でも飲みやすいです。

・CFM製法使用の高スペックプロテイン

・味付けはさっぱりしており、トレーニング後も飲みやすい

・グルタミン配合で『筋分解抑制』と『免疫力向上』効果がある

https://item.rakuten.co.jp/sundrug/4972174352895/

まとめ

https://unsplash.com/photos/Id50rGJYNwU

いかがでしたでしょうか?

プロテインは身体つくりにおいて、非常に重要なアイテムの一つです。

しかし様々な種類のプロテインが今は溢れており、中には不純物が入っていたりするものも実際に存在します。

もしプロテイン選びで迷っているのであれば、今回紹介した10個の中から選んでみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました