パーソナルトレーナーの年収は?収入アップの方法も解説

トレーナー

フィットネスブームやTVの影響もあり、最近ではパーソナルジムが続々とオープンしています。同時に、パーソナルトレーナーを志す人も増えてきています。

おそらくパーソナルトレーナーを目指す人は「パーソナルトレーナーの年収っていくらくらいなの?」という疑問を抱くはずです。

そこでフィットネス業界に精通している筆者が、パーソナルトレーナーの年収について解説。給料アップの方法も同時にお話しします。

これから「パーソナルトレーナーになりたい!」と考えている方は必見です。

パーソナルトレーナーの平均年収

パーソナルトレーナーの平均年収は約360万円と言われています。月給換算で約30万円ほどです。

平均年収としては、一般的にあまり高い方ではありません。

しかしパーソナルトレーナーの仕事は『ハイリスク・ハイリターン』であることが特徴。つまり「年収1000万円以上の人もいれば、300万円以下の人もいる」ということです。

年収アップの方法は後ほど解説しますが『自分の実力次第で高収入も狙える職業』であることは間違いありません。

パーソナルトレーナーの雇用形態と働き方

パーソナルトレーナーになると言っても、様々な働き方があります。

働き方によって年収も変化するのが、パーソナルトレーナーの特徴でもあります。ここでは以下の4つの働き方について解説します。

  • 契約社員として働く
  • フィットネスクラブのトレーナーと兼任する
  • フリーランスとして活動する
  • 独立・開業する

それでは順に解説していきます。

契約社員として働く

パーソナルトレーナーとして最も一般的な雇用形態は『契約社員』です。

『ライザップ』や『24/7ワークアウト』などは、契約社員での雇用となります。正社員と契約社員の最も大きな違いは「有期雇用であること」です。(詳しくはこちら

つまり契約期間が満了した時点で、契約を継続する場合も、継続終了する場合もあります。成績が出せなければ実質『クビ』になる可能性があるということです。

ただし成績が出なかったからといって、賃金がゼロになることはありません。最低でも『15万円』ほどの給料が保証されていることがほとんどです。

『基本給+インセティブ』が契約社員として働くパーソナルトレーナーの賃金制度です。

フィットネスクラブのトレーナーと兼任する

フィットネスクラブやスポーツジムのトレーナーと兼任して、パーソナル指導を行うという選択肢もあります。

パーソナルジムやフリーランスのパーソナルトレーナーと違って『基本給+パーソナルのインセンティブ』となるため安定して稼ぐことができます。

フィットネスクラブにもよりますが『1回あたりのセッション料金の20%〜30%』がインセンティブとして支払われることになります。

例えば、パーソナルトレーニングのセッション料金が5,000円(1回あたり)で、月に10回行った場合は
『(5000円×20%)×10=10,000円』が月のインセンティブになります。

決して報酬としては高くはありませんが、基本給にプラスされるので、努力次第で給料を増やすことができます。

フリーランスとして活動する

フリーランスのパーソナルトレーナーとして活動することもできます。

フィットネスクラブに申請し、ジムエリアを借りてパーソナルトレーナーとして活動を行うのが一般的です。

もちろんジム側に数%の売上を献上する必要はありますが、雇用はされていないため、売上のほとんどはそのまま自分の収入となります。

フリーランスのパーソナルトレーナーの年収は、一概には言えませんが『月に50万円〜100万円』を稼ぐ人もいます。

頑張り次第で、非常に高収入を狙えるのが魅力です。ただし『基本給』は存在しないので、稼げない場合は、非常に収入が少なくなる危険性もあります。

独立・開業する

おそらく、パーソナルトレーナーを目指すほとんどの人が考えている目標は『パーソナルジムを開業し独立する』ということではないでしょうか。

パーソナルジムを開業するということは、どれだけ規模が小さくても『起業』をすることと同じです。やりがいはもちろんありますが、非常にリスキーでもあることを覚えておきましょう。

独立・開業はリスクがある分『年収1,000万円』を狙うことも夢ではありません。経営が上手くいけば、数店舗のパーソナルジムを運営する社長になることも可能です。

パーソナルトレーナーとして収入を増やす方法

どのようにすれば、パーソナルトレーナーとなって収入を増やすことができるのかを解説します。

筆者はこれまで多くのパーソナルトレーナーの方たちと接してきました。中には『年収1,000万円を超える人』もいれば『収入がなく別でアルバイトを行っている人』もいました。

筆者が見てきた、いわゆる『成功しているパーソナルトレーナーの方たち』が行っていた収入を増やす方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

  • とにかく実績を上げる
  • 資格を取得する
  • より待遇の良いジムと契約する
  • 独立・開業する

それでは順に解説していきます。

とにかく実績を上げる

とにかく実績を上げることがパーソナルトレーナーとして年収を上げる最大の方法となります。

理由は、パーソナルトレーナーの集客では最も『実績』が評価されるからです。

筆者が見てきた高収入のパーソナルトレーナーの中には、無資格で年収1,000万円を稼ぐトレーナーもいました。もちろん『人格』や『協会認定資格』は大切な要素ですが、それ以上に積んできた実績が評価されるのです。

プロ野球選手の専属トレーナーだった」「述べ1000人以上の指導をしてきた」など、実績があるトレーナーには自然とお客さんも集まるのです。

パーソナルトレーナーはプロスポーツ選手と同じです。とにかく実績をあげれば、年収にも直結してきます。

資格を取得する

『JATI』や『NSCA』などの協会認定資格を取得することも、パーソナルトレーナーとしての年収を上げるための方法です。

特にパーソナルトレーナーとしての実績がない初心者は、資格を取得することで、お客さんからの信頼を得ることができます。

パーソナルトレーナーとしての集客を成功させるためには、自分自身をブランディングしていく必要があります。『資格の取得』はブランディングの最も簡単で有効な方法なのです。

また『NSCA-CPT』などの資格は、猛勉強すれば数ヶ月で取得することが可能です。料金も数万円で済むので、パーソナルトレーナーを目指すなら必ず取得しておきましょう。

より待遇の良いジムと契約する

『契約社員』や『フリーランス』のパーソナルは、給料やインセンティブ報酬の待遇が良いジムを選んでいくことをおすすめします。

これは一般的な会社員と同じで、自分自身をより良い条件で雇用してくれる会社に『転職』していくことを意味します。

よくパーソナルトレーナーで陥りがちなパターンが「以前より担当客数も売上も伸びているのに、給料が変わらない」という状態です。この場合、雇用されているパーソナルジムのインセンティブ報酬に問題があることがほとんどです。

もし「実績も人気もあるのに、真っ当な報酬が得られていない」と感じるならば、もっと良い待遇で迎えてくれるパーソナルジムへの転職も検討しておきましょう。

独立・開業する

ぶっちゃけ『契約社員』や『フリーランス』のパーソナルトレーナーで、年収1,000万円を超えるのは至難の技です。

より高収入を目指したいのであれば、パーソナルジムを独立・開業しましょう。成功できれば、かなりの高収入を得ることが可能です。

もちろんパーソナルジムを開業し、成功させることは決して簡単なことではありません。特に最近では、新しいパーソナルジムが続々とオープンしています。そのような市場環境で、成功を収めることは容易ではないことも事実です。

筆者も「パーソナルジムをいきなり独立・開業する」ことには反対です。「開業したけれど、経営が上手くいかず閉店した」というジムも多く見てきました。

まずはフリーランスや契約社員として『実績・指導力・経営学』を身につけましょう。その上で最終的なビジョンとして、独立・開業を視野に活動することが最もリスクを下げる方法です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『パーソナルトレーナーの年収』について解説してきました。

パーソナルトレーナーは、プロスポーツ選手と同じで『ハイリスク・ハイリターン』の職業です。実績が出れば高収入を目指せますが、そうでなければ普通の会社員よりも低収入で暮らすことになります。

決して簡単ではありませんが『成功』できれば、かなりの高収入を得ることが可能です。

また、これからパーソナルトレーナーを目指す方は『トレーナー養成スクール』の受講もおすすめです。

筆者がおすすめしている『ラスタイルアカデミー』では、トレーナーとしての技術や知識はもちろん、就職先の斡旋まで行ってくれます。土日も開講されているので、パーソナルトレーナーへの転職を検討されている方にもおすすめです。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

【ラスタイルアカデミー】

コメント

タイトルとURLをコピーしました