筋トレのやる気が出ない?そんな時には休みましょう

ボディメイク

■筋トレをしないといけないって思っているのに、どうしてもやる気が出ない…

■以前は必死で筋トレしていたのに、何故か今は全くやる気が出ない

■やる気が出なくて筋トレをしないことに、罪悪感を感じる

筋トレを日々頑張っている方なら、こうした悩みは時折あるのではないでしょうか?

実際に私も時々こういう感情になることがあります。

そこで今回は「筋トレでやる気が出ない時はどうしたら良いのか?」を解説していきたいと思います。

この記事を読むことで、筋トレのやる気が出ない時の対処法を知ることができるはずです。

「昨日はやる気があったのに、今日はやる気が出ない」って時ありますよね。

私もトレーニングを始めて10年以上ですが、今でもやる気をなくす時があります。

結論。筋トレのやる気が出ない時は休むことも大切

結論から先に言うと、やる気が出ない時は思い切って休んでしまうのがオススメです。

理由は後ほど詳しく解説しますが、やる気がない状況でトレーニングをすることはデメリットもありません。

最悪、筋トレ自体が嫌いになってしまう可能性さえあるのです。

私も筋トレを始めて10年になりますが、やる気がどうしても出ない時は、基本は筋トレしません。

それでも10年以上も筋トレを継続できているし、ボディビル大会にも出場することもできています。

筋トレを休むことは、決して悪いことではない」ということをまずは理解しましょう。

筋トレを休むことに罪悪感があるなら大丈夫

この記事を読んでいる方は、おそらく筋トレを休むことに少なからず罪悪感を感じているはずです。

しかし罪悪感を感じることは、悪いことではないと私は思います。

罪悪感があるということは、それだけ筋トレに真剣である証拠です。

そんな方は、やる気が出ない日に休んでも、また直ぐに筋トレを再開することができます。

VIVO
VIVO

筋トレを休むことに罪悪感があることは、悪いことではありません。

やる気がない日は、誰でもあって普通です。

少し休んだくらいで筋肉は落ちない

筋トレを休むことが億劫な方の中には、「筋トレを休むとせっかく付けた筋肉が落ちてしまうのでは…」と考えている方も多いです。

しかし実際に体というものは、そう簡単に変化するものではありません。

私もたまに1週間程度まともに筋トレをしない時がありますが、全く筋肉の衰えは感じません。

やる気がない時に休んだところで、筋肉は簡単に落ちないので安心しましょう。

体には、一時的に筋トレを辞めても、その後再開すれば元の筋肉量に戻る『マッスルメモリー』という機能が備わっています。

マッスルメモリーの有効期間は10年以上と言われているので、数ヶ月単位で筋トレを休んでも、次第に筋肉は元の状態に戻ることができるのです。

筋トレのやる気が出ない時に休むことのメリット

筋トレをやる気が出ない時に、敢えて休むことにはメリットさえあります。

もちろん筋トレを予定通りにこなすことは大切ですが、たまには敢えて休むことも大切なのです。

私は、筋トレを敢えて休むことで、以下の3つのメリットがあると考えています。

  • 心身ともに回復できる
  • 筋トレをやる目的を再確認できる
  • 自由な時間が手に入る

それでは順に深堀して解説していきます。

心身ともに回復できる

筋トレをやる気が出ない時は、大抵の場合『精神的』もしくは『肉体的』に疲労が溜まっている場合が多いです。

特に社会人の場合は、職場でのストレスが筋トレのやる気に大きく影響します。

職場でのストレスが溜まって心身とに疲れてしまうと、筋トレのやる気も無くなってしまうのです。

そんな時は、思い切って筋トレを休むことで、心身ともに回復することができます。

仕事・筋トレ・プライベートなど、どれもストレスは付きものです。

たまには妥協して、自分を労ってあげましょう。

筋トレと仕事が両立できない…

仕事が忙しくて、なかなか筋トレができない…」という方も多いはずです。

無理して睡眠や余暇の時間を削ってしまうと、余計に筋トレへのやる気もなくなってしまいます。

下記の記事では『筋トレと仕事を両立する方法』を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

筋トレをやる目的を再確認できる

おそらく筋トレを始めた当初は、何らかの目的や目標があったはずです。

でも今やる気が出ないということは、目標や目的への意識が薄れてしまっている可能性があります。

私はやる気が出ない時は、あえて筋トレを休んで『自分が筋トレをやる目的』を再確認するようにしています。

決まったスケジュールで筋トレをしていると、どうしても『マンネリ化』によって、筋トレを行う目的が分からなくなってしまいがちです。

やる気が出ない時には筋トレを休んで、筋トレをする『目的・目標』を再確認しましょう。

そうすることで、また筋トレのやる気が湧いてくるはずです。

自由な時間が手に入る

筋トレをやる気が出ない日は、あえて休むことで、自由な時間を手に入れることができます。

筋トレを真面目に頑張っている方ほど、休日の時間を費やしてジムに通っているはずです。

ジムに行けば、少なくとも2時間以上は時間を使ってしまいますよね。

やる気が出ない日にはジムへ行かずに『普段できないことをする時間』を作るようにしましょう。

『読書』や『日帰り旅行』など、普段できないことをすれば気分転換にもなるはずです。

私は、筋トレのやる気がどうしても出ない日は、よく車で日帰り旅行をしたりします。

かなり気分転換になり、筋トレや仕事へのやる気も戻ってくるのでオススメです。

筋トレのやる気が出ない時の対処法

ここからは具体的に『筋トレのやる気が出ない時の対処法』をお話ししていきたいと思います。

やる気が出ない時にしっかりと対処することで、より早く筋トレのやる気を復活させることができます。

以下の5つは、実際に私も行っている対処法なので、ぜひ参考にしてみてください。

  • とりあえずジムに行ってみる
  • トレーニングメニューを一新してみる
  • 今自分がやりたいことを思いっきりやる
  • 休む期間を決めてしまう
  • パーソナルジムに入会してみる

それでは順に解説していきます。

とりあえずジムに行ってみる

私の主張は一貫して「筋トレのやる気が出ないなら、休めばいい」ということに変わりはありません。

でも中には、「やる気はないけど、ジムに行かない罪悪感には耐えられそうにない」という方もいるかもしれません。

そんな方は、とりあえずジムに足を運んでみましょう。

とりあえずジムに行ってみることで、周りの人や雰囲気につられて、やる気が芽生えることもあります。

どうしても休みたくない時は、やる気がなくてもジムに行ってみましょう!

トレーニングメニューを一新してみる

筋トレをやる気がどうしても出ない時は、トレーニングメニューを思い切って一新してみるのがおすすめです。

やる気が出ない原因は、筋トレメニューがいつも同じで『マンネリ化』していることも考えられます。

私も「何だか最近やる気が出ないな…」と感じたら、いつもと違う種目を行うようにしています。

やる気が戻るだけでなく、筋肉に新しい刺激を与えられるので、かなりおすすめです。

やりたいことを思いっきり楽しむ

筋トレをした方が良いのは分かっているけれど、どうしてもやる気が出ない時ってありますよね…。

そんな時は、「自分がやりたいことを思いっきり楽しむ」ことを強くおすすめします。

恐らく筋トレを休むことに罪悪感を感じる方は、常日頃からジムに通って筋トレを頑張っているはずです。

そんな方こそ、やる気が無い日は思い切って休んで、やりたいことに没頭しましょう。

『読書・映画鑑賞・飲食・睡眠』など、自分が今一番やりたいことを楽しむことで、気分が一新されてまたやる気も戻ってくるはずです。

私も一日中ベッドで横になって、アニメを観ていることもあります笑

リフレッシュになって、自然と筋トレも仕事もやる気が戻ってきますよ。

休む期間を決めてしまう

「最近やる気が出なくて、度々筋トレを休んでしまう…」という方は、思い切って休む期間を決めてしまいましょう。

筋トレを休む期間は、1週間〜1ヶ月がおすすめです。

1週間より短いとマンネリが取れないですし、1ヶ月以上休むと流石に体が鈍ってしまいます。

私も長期間やる気が出ない時は、1週間ほど筋トレを休んだことが一年間で2・3回あります。

休む期間をあらかじめ決めておくことで、休むことに罪悪感を感じることなく、マンネリを脱出できます。

ある程度の期間休んでも筋肉は簡単に衰えないので、1週間ほど休む期間を設けてみましょう。

パーソナルジムに通ってみる

「色んな方法を試したけど、やっぱり直ぐにやる気が無くなってしまう…」という方は、思い切ってパーソナルジムに通ってみるのがおすすめです。

パーソナルジムに通うことで、プロのトレーナーがマンツーマンで筋トレへの気持ちを高めてくれます。

特に「どうしても一人で筋トレしてもやる気が出ない…」という方は、パーソナルジムに通いましょう。

費用は結構かかりますが、モチベーションとボディメイクの両面を徹底的にサポートしてくれるのでおすすめです。

パーソナルジム初挑戦なら『パームス』がおすすめ

パーソナルジムは高いから、いきなり通うのはちょっと…」という方は、『PALMS(パームス)』がかなりおすすめです。

29,800円(2ヶ月)から本格的なセッションを受けることができ、業界最安値クラスの安さとなっています。

また『HITトレーニング』と呼ばれるダイエットに適したプログラムを導入しており、安くてもしっかり結果を出すことができます。

【パームス公式HP】はコチラ

あとがき

今回は『筋トレのやる気が出ない時の対処法』について詳しく解説してきました。

最後にもう一度だけ結論を述べると、筋トレをやる気が出ない時は休みましょう

休むことには、思っている以上のメリットがあります。

ぜひ勇気を持って、やる気が出ない時は筋トレを休んでみてください。

休むことができるようになると、今までよりも筋トレを楽しむことが出来るようになります。

皆さんがボディメイクを成功させ、理想の身体と生活を手に入れることを心から応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました