プロテインを飲むと痩せる?ダイエットに効果的な摂取方法を解説

サプリ&ギア

プロテインを飲むと痩せられるの?

プロテインを飲んでいるけれど痩せない…

痩せられるプロテインが知りたい!

上記のような疑問やお悩みをお持ちではありませんか?

最近ではダイエットのためにプロテインを摂取する方も増えてきました。

今回は「プロテインを飲むと痩せれるのか?」という疑問について、解説していきたいと思います。

プロテインが持つダイエット効果についてはもちろん、痩せるためのプロテイン摂取方法を知ることができるはずです。

筆者:VIVO
筆者:VIVO

サプリメントやトレーニングギアなどを扱うフィットネス用品店の店長として4年間勤務。現在はフィットネス関連の情報を発信しながら、ボディビルダーとしても活動しています。

結論。プロテインを飲んだだけでは痩せない

最初に結論から述べると、残念ながらプロテインを飲んだだけでは痩せません

『プロテイン=タンパク質』なので、タンパク質を摂っただけで痩せることは不可能です。

よくプロテインの中には、「これを飲むと〜kg痩せられる」と謳っている商品もありますが、明らかに『誇大広告』なので注意しましょう。

確かにダイエット向けのプロテインは存在しますが、それを飲んだだけで痩せられる訳では無いです。

プロテインは正しく活用して初めて、効果を発揮することができます。

プロテインを飲んだだけでは痩せません。

次の章では『プロテインで痩せるための方法』をお話しします。

プロテインで痩せるために意識しておくべきこと

プロテインは飲むだけで痩せることはできません。

しかしプロテインを飲むことで、痩せやすい体質を作ることは可能です。

ここではプロテインを飲んで痩せるために、意識しておくべき3つのポイントについてお話ししていきます。

  • 筋トレを同時に行う
  • 食生活を管理する
  • プロテインを過剰に飲みすぎない

それでは順に解説していきます。

筋トレを同時に行う

プロテインを摂取する場合は、必ず筋トレも生活に取り入れることが大切です。

プロテインで痩せるためには、筋肉をつけて代謝をあげることが求められます。

筋トレはプロテインとの相性が非常によく、一緒に組み合わせて取り組むことで、筋肉を効率良くつけることができるのです。

筋トレをする→プロテインで栄養を補給→筋肉がつく→代謝が上がって『痩せ体質』になる

超簡単に表現すると、上記の通りのプロセスで痩せやすい体を作ることができます。

食生活を管理する

よくプロテインを飲んでいるの方の中には、「筋トレもしてプロテインも飲んでいるのに、痩せない…」と嘆いている人も多くいます。

このような人が痩せられない原因は、根本的に食生活が管理できていないからです。

厳しい言い方ですが、どんなに筋トレをしてプロテインを飲んでいても、食生活が管理できていなければ痩せることはできません

痩せるための原則である『摂取カロリー<消費カロリー』の食生活をすることが大前提です。

プロテインを過剰に飲みすぎない

プロテインを飲んでいて痩せない方に多いのが、「プロテインを過剰に摂取し過ぎている」という問題です。

プロテインは太らないイメージを持っている方も多いですが、プロテインにもカロリー(熱量)があります。

いくらほとんどがタンパク質で構成されているプロテインでも、摂り過ぎれば太ってしまいます。

ダイエットのためにプロテインを活用するのは有効な手段ですが、飲み過ぎには注意しましょう。

じゃあ一日にどのくらい飲めばいいの?」と疑問を抱く方も多いと思うので、そんな方はぜひ下記の記事を参照してみてください。

プロテインで痩せるための効果的な摂取方法

ここでは「痩せるための効果的なプロテインの摂取方法」を具体的に解説していきます。

プロテインを飲んで『痩せられる人』と『痩せられない人(むしろ太った人)』には、摂取方法に大きな違いがあることが多いです。

これからプロテインを飲むことを検討されている方はもちろん、既にプロテインを飲んでいる方も、ぜひ摂取方法を確認してみてください。

闇雲にプロテインを飲んでいるだけでは、絶対に痩せることはできません。

「どんなプロテインを飲むか?」よりも「どうやってプロテインを飲むか」の方が圧倒的に大切です。

トレーニング後にプロテイン摂取する

先ほど、「プロテインは飲みすぎると太る」とお話ししました。

実際に私も一日に6回〜7回プロテインを飲んで、逆に太ったこともあります。

そこで、一日に飲む回数やタイミングが分からない方は、まずトレーニング後だけプロテインを摂取しましょう

トレーニング後は体の栄養が不足している状況なので、まず太る心配はありません。

さらにトレーニング後にプロテインを摂取することで、筋肉に栄養が行き届いて、筋肉の合成を促すことができます。

一日に飲む回数を決めておく

プロテインを飲む回数を決めておくことも大切です。

「お腹が空いたから、とりあえずプロテインを飲もう…」では、過剰摂取になる場合があります。

プロテインを飲む回数を決めておくことで、過剰摂取を防ぐだけでなく、ダイエットに必要なタンパク質量をしっかりと確保することができます。

トレーニング後に1回・就寝前に1回の計2回摂取する」などあらかじめプロテインを飲む回数を決めておきましょう。

置き換え食としてプロテインを摂取する

置き換え食にプロテインを活用することで、よりダイエットの成功に近づくことができます。

朝食や夕食・間食など自分の好きなタイミングで、プロテインを置き換え食として摂取してみましょう。

筆者も夕食をプロテインに置き換えることで、2ヶ月で6kgのダイエットに成功した経験があります。

ただし置き換えダイエットを行う場合は、プロテイン選びもかなり重要になってきます。

下記の記事で詳しく解説しているので、興味のある方はぜひご一読ください。

ダイエットにおすすめのプロテイン5選

最後に『ダイエットにおすすめのプロテイン』を5つご紹介したいと思います。

プロテインは種類や製法によって、内容成分や効果も大きく異なります。

ここで紹介する5つのプロテインは、どれを選んでもダイエットの味方になること間違いなしです。

ぜひプロテイン選びの参考にしてみてください。

闇雲にプロテインを選んでしまうと、反対にダイエットの妨げになることもあります。

しっかりと目的に合ったプロテインを選択しましょう。

ゴールドジム CFMホエイプロテイン

世界的にも有名なフィットネスクラブ『ゴールドジム』が発売しているプロテインです。

CFM(クロスフローマイクロフィルトレーション)と呼ばれる特殊な製法を使用しています。

吸収効率に優れているのに加えて、糖質・脂質を極限まで除去しているプロテインです。

ダイエット中の方に最もおすすめしたいプロテインで、筆者も大会前の減量期はこれを利用しています。

お値段こそ高いですが、価格に見合った高品質なプロテインです。

種類クロスフローマイクロフィルトレーション(CFM)
内容量(g)900g
価格(税込)6,696円
味のラインナッププレーン、ダブルチョコ、ミックスベリー、リッチミルク、バナナオレ
タンパク質量24,8g(1食30gあたり)※フレーバーによって若干の差あり

オプチマム ゴールドスタンダード100%ホエイプロテイン

海外プロテインでも全世界トップシェアを誇る『Optimum Nutrition(オプチマム・ニュートリション)』が発売しているプロテインです。

吸収速度と脂質・糖質の除去に優れた『WPIプロテイン』で多くのアスリートやボディビルダーにも愛用されています。

また免疫力の向上や筋肉の合成を助ける『グルタミン』も同時配合しているので、ダイエット中のコンディション維持にも役立ちます。

海外プロテインだけあってコスパも抜群なので、「プロテインはコスパが良いものを選びたい」という方にもおすすめです。

種類ホエイプロテイン・アイソレート(WPI)
内容量(kg)2.23kg
価格(税込)8,390円 ※メーカー希望小売価格
味のラインナップエクストリームミルクチョコレート、クッキー&クリーム、ダブルリッチチョコレート、チョコレートヘーゼルナッツ、デリシャスストロベリー、バナナクリーム、バニラアイスクリーム、フレンチバニラ、モカカプチーノ
タンパク質量24g(1食31gあたり)※フレーバーによって若干の差あり

ウルトラ ホエイダイエットプロテイン

女性ユーザーを中心に高い人気を誇る『ULTORA(ウルトラ)』のプロテインです。

ダイエットに適した成分となっており、糖質・脂質が除去された『WPIホエイ』を配合しています。

またタンパク質の代謝と体調の維持に欠かせない『ビタミン群7種』も配合しているので、ダイエット中のコンディション維持もバッチリです。

また人工甘味料不使用なので、スッキリ&サッパリと飲むことができます。

オシャレなフレーバーが多いことも特徴です。抹茶味が女性ユーザーから特に高い評価を得ています。

種類WPC(ホエイコンセントレート)+WPI(ホエイアイソレート)
内容量(g)1,000g
価格(税込)4,790円 ※メーカー希望小売価格
味のラインナップクリアストロベリー、抹茶ラテ、ココナッツチョコレート、フルーツオレ
タンパク質量23.0g(1食30gあたり)※フレーバーによって若干の差あり

ウェリナ ホエイ&ソイプロテイン+グルタミン

ウェリナプロテインは女性の美容とダイエットに特化したプロテインで、トレーナーの『森 拓郎』氏が監修していることでも有名です。

ウェリナシリーズでも特に人気の『ソイ&ホエイ』タイプのプロテインです。

吸収の早い『ホエイ』と吸収が穏やかな『ソイ』をミックスすることで、効率良くタンパク質を補給することができます。

またリカバリーには欠かせない『グルタミン』も同時に配合しており、コンディションを整えてくれるのも特徴です。

グルタミンは筋肉の回復や免疫向上に欠かせないアミノ酸です。

プロテインと一緒に摂取することで、筋肉の回復をより早めてくれます。

種類ホエイ&ソイプロテイン
内容量(g)500g
価格(税込)4,050円 ※メーカー希望小売価格
ココア、ほうじ茶ラテ
タンパク質量21.5g(1食30gあたり)

健康体力研究所 ウェイトダウンソイプロテイン

最後に紹介するのは、日本のプロテインのパイオニア『健康体力研究所(ケンタイ)』が発売するソイプロテインです。

ソイプロテインは、ホエイに比べて吸収速度がゆっくりで腹持ちが良いのが特徴になります。

プロテインを『置き換えダイエット』に利用したい方にもおすすめできます。

またケンタイのソイプロテインは、大豆特有の青臭さがなく、美味しく飲めるのも嬉しいポイントです。

タンパク含有量もホエイプロテインと遜色ないので、ソイプロテインを飲みたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

種類ソイプロテイン
内容量(g)1,000g
価格(税込)4,212円 ※メーカー希望小売価格
ココア、バナナ、ストロベリー
タンパク質量21.9g(1食30gあたり)※フレーバーによって若干の差あり

あとがき

いかがでしたでしょうか?

今回は「プロテインを飲むと痩せられるのか?」という疑問についてお話ししました。

残念ながら、プロテインを飲んだだけでは痩せられません。

しかしプロテインを正しく活用すれば、ダイエットの強い味方となってくれることは間違いありません。

今回お話しした内容を参考に、ぜひプロテインをダイエットに有効活用してみてください。

皆さんが、理想のボディメイクを達成できることを応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました