ライザップのプロテインは購入すべき?成分・味・値段を徹底解説

サプリ&ギア

□ライザップのプロテインってどうなの?

□ライザップに入会したらプロテインを勧められるって聞いたけど購入すべきなの?

□市販品とどう違うの?

上記のような疑問やお悩みをお持ちではありませんか?

ライザップと言えば、知らない人が居ないほどの超大手パーソナルジムです。

そんなライザップはプロテインも販売しています。

そこで今回は、ライザッププロテインの成分・味・値段などを徹底解説していきたいと思います。

この記事を読むことで「ライザップ入会時に自分はプロテインを購入すべきなのか?」を判断できるはずです。

またライザップへの入会を検討している方は、必ずサプリメントの営業がありますので、予備知識としてこの記事を読んでみてください。

ライザップではプロテインの営業がある?

出典:rizap.jp

ライザップ利用者の口コミでは「サプリメントを100万円以上買わされた」「欲しくもないプロテインをしつこく勧誘された」という声があります。

実際にライザップへ入会すると、トレーナーからサプリの購入を勧められるのは事実です。

理由は、サプリメントを利用者に販売すればトレーナーのインセンティブ報酬になるから。

ただしプロテインなどの購入は絶対ではないということを覚えておいてください。

今回の記事でお話しする内容も含め、正しい知識を持って「購入するか否か」を検討することが大切です。

ライザッププロテインの成分・味・値段について

出典:rizap.jp

ライザップは言わずと知れた大手パーソナルジムですが、ボディメイクの他にサプリメントの販売も行っています。

EAAやALAなど数種類のサプリメントを販売していますが、中でもプロテインは最も人気のある商品です。

ここではまずライザッププロテインの味・成分・価格について詳しく解説していきます。

味について

筆者も知り合いを通して数種類のフレーバーを試飲したことがありますが、味はスッキリしており非常に飲みやすかったです。

口コミなどでは「人工甘味料の味が気になる」や「味が薄すぎる」という意見もありましたが、比較的飲みやすい方だと思います。

特にマンゴー風味などは、ほのかな酸味もあり飲みやすかったです。

日本人好みのスッキリとした味付けなので、飽きやすい印象もありませんでした。

VIVO
VIVO

私はこれまで100種類以上のプロテインを飲んできましたが、ライザッププロテインは比較的味は美味しい方だと思います。利用者の口コミでも味について悪い評価は少なかったです。

成分について

栄養成分1食(26gあたり)
エネルギー95.7g
たんぱく質20.8g
脂質0.6g
炭水化物2.1g(糖質1.5g・食物繊維0.6g)
食塩相当量0.5g
ビタミンB60.7mg
ビタミンC50mg
ビタミンD5.5μg
HMB500mg(推定値)
ギャバ100mg(推定値)
※MUSCLE PRO. マンゴー風味の場合

たんぱく質は一食あたり20.8gと十分に配合されています。

利用者の多くはダイエットを目標としているため、脂質と炭水化物も抑えられているのが特徴です。

また微量ではありますが『HMB』と『ギャバ』も配合されており、こだわりを持って作られているのが分かります。

成分としては非常に優秀なプロテインです(高いので当然かも知れませんが…)。

プロテインの成分を見る際は「ビタミンが配合されているか?」をチェックすることも大切です。

特にビタミンB群はタンパク質の代謝には欠かせません。

ライザッププロテインには、しっかりと必須のビタミン群も配合されています。

吸収速度の異なるプロテインを配合

ライザッププロテインの特徴は、『ホエイペプチド・ホエイ・ソイ・カゼイン』の吸収速度が異なる4つのプロテインを配合していることです。

時間差でたんぱく質を体に補給することができるため、筋肉への栄養補給はもちろん、腹持ちも良いです。

タイムリリース式で作られていることも、ライザッププロテインの特徴です。

値段について

ライザッププロテインの値段は、780gで30,240円(税込)となっています。

国産プロテインでも1kgあたり4,000円が平均ですので、かなり高額な値段設定です。

成分については優秀な方ですが、かなり高額であることは間違いありません。

VIVO
VIVO

市販品に比べて7倍以上高いです…。

結論:ライザッププロテインの購入は基本的に不要

これはあくまで筆者の考えですが、ライザッププロテインの購入は基本的に不要だと思います。

もちろんライザッププロテインを批判している訳ではありませんが、購入するメリットは正直少ないです。

ここではライザッププロテインが不要である3つの理由について詳しくお話ししていきます。

理由1:値段が高すぎる

ライザッププロテインの購入が不要である一番の理由は、市販品に比べて値段が高すぎるからです。

例として国内外の代表的なプロテインと比較してみます。

内容量価格(税込)
ライザップ MUSCLE PRO780g30,240円
ザバス ホエイプロテイン1001,050g5,994円
ゴールドジム CFMホエイ900g6,696円
マイプロテイン impactホエイ1,000g4,390円
※全て定価にて記載

ご覧の通り、かなり高額なことが分かると思います。

国内トップシェアを誇るザバスのプロテインと比べても、約5倍高いです。

確かにライザッププロテインの品質は高いですが、これだけの価格差があると、購入するメリットはほとんどないと思います。

理由2:市販品と大きなスペックの違いはないから

ライザッププロテインの購入が不要である2つ目の理由は、市販品と比べても大きなスペックの違いはないからです。

確かにタイムリリース式であることや、HMBやギャバが配合されているのは大きな魅力ではあります。

しかし現在は市販品でも、同レベルのスペックを持ったプロテインはいくらでも販売されているのです。

VIVO
VIVO

持論ですが、市販品の5倍以上のお金を払って購入するメリットはほぼないと思います…

理由3:一度購入すると次回購入を断り辛いから

最後の理由は、一度トレーナーから勧められて購入してしまうと次回の購入を断り辛くなるからです。

ライザップでは入会者にほぼ100%の割合でサプリメントの営業を行います。

トレーナーから勧められて一度購入に踏み切ってしまうと、なかなか次回の購入を断り辛い方がほとんどだと思います。

試しに一度購入してみるのは構いませんが、次回購入をキッパリ断る自信がないなら最初から購入しないことをオススメします。

ライザッププロテインを購入しない方にオススメの市販品

ここではライザップでプロテインを購入しない方にオススメの市販品を紹介したいと思います。

筆者はこれまで100種類以上のプロテインを飲んできましたが、その中でも特にスペックが高いものをピックアップしました。

ここで紹介するプロテインは値段こそやや高いですが、ライザッププロテインと変わらないスペックを持っているのでかなりオススメです。

ぜひプロテイン選びの参考にしてみてください。

ゴールドジム CFMホエイプロテイン

出典:https://www.rakuten.co.jp/

大手フィットネスクラブ・ゴールドジムが発売しているプロテインです。

CFM(クロスフローマイクロフィルトレーション)と呼ばれる特殊な製法を使用しています。

吸収効率に優れているのに加えて、糖質・脂質を極限まで除去しているプロテインです。

国産プロテインの中では筆者が最もオススメしたいプロテインになります。

VIVO
VIVO

ライザップでのストイックな食事管理中にも十分使用できるスペックです!

種類クロスフローマイクロフィルトレーション(CFM)
内容量(g)900g
価格(税込)6,696円
味のラインナッププレーン、ダブルチョコ、ミックスベリー、リッチミルク、バナナオレ
タンパク質量24,8g(1食30gあたり)※フレーバーによって若干の差あり

ファインラボ ホエイプロテインピュアアイソレート

出典:https://www.rakuten.co.jp/

国内ブランド『ファイン・ラボ』が発売しているプロテインです。

ゴールドジムプロテインと同じく、CFM(クロスフローマイクロフィルトレーション)と呼ばれる製法を採用しています。

糖質・脂質の除去率が高く、ダイエット中の方にはイチオシのプロテインです。

また多くのアスリートやボディビルダーに愛飲されており、ライザップでストイックな体を目指す方にもピッタリだと思います。

VIVO
VIVO

日本人好みのスッキリとした味付けで飲みやすいです!

種類CFM(Cross Flow Microfiltration)
内容量(g)1,000g
価格(税込)6,480円(メーカー希望小売価格)
味のラインナップミルクココア、フルーツミックス、メロン、ストロベリー、プレーン
タンパク質量17.0g(20gあたり)※フレーバーによって若干の差あり

オプチマム ゴールドスタンダード100%ホエイプロテイン

出典:optimumnutrition.com

世界トップシェアを誇るサプリメントブランド『オプチマム』が発売するプロテインです。

吸収速度と脂質・糖質の除去に優れた『WPIプロテイン』で多くのアスリートやボディビルダーにも愛用されています。

また海外産ということもあり、コスパにも優れているのも魅力です。

ライザップの会費でお金を使ったから、サプリのコストは抑えたい」という方にもオススメできます。

種類ホエイプロテイン・アイソレート(WPI)
内容量(kg)2.23kg
価格(税込)8,390円 ※メーカー希望小売価格
味のラインナップエクストリームミルクチョコレート、クッキー&クリーム、ダブルリッチチョコレート、チョコレートヘーゼルナッツ、デリシャスストロベリー、バナナクリーム、バニラアイスクリーム、フレンチバニラ、モカカプチーノ
タンパク質量24g(1食31gあたり)※フレーバーによって若干の差あり

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「ライザップのプロテインを購入すべきか?」ということを解説してきました。

あくまで筆者の考えですが、ライザップのプロテインは基本的に購入不要です。

絶対に購入してはいけない訳ではありませんが、予算に余裕がない方にはオススメできません。

ぜひこれからライザップへの入会を検討されている方は、今回の内容を参考にしてみてください。

またFitLabでは、読者の方からのボディメイクやサプリメントに関する質問や相談を『無料』で受け付けています。

もしご質問やご相談があれば問い合わせフォームからお気軽にお伝えください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました