【厳選】ホームジムにおすすめのバーベル5選

ホームジム・マシン

「ホームジムに置くバーベルってどれを選んだらいいの?」

上記でお悩みではありませんか?

バーベルシャフトはホームジムに欠かせないアイテムです。

しかし発売されているバーベルの数が多く、中々どの商品が良いのかを判断するのも難しいのではないでしょうか。

そこで今回はフィットネス用品店の店長として4年間働いた筆者が、自身の経験と知識を活かして、おすすめのバーベルシャフトを5つ厳選しました。

ホームジムに設置するバーベルシャフトの購入を検討されている方は必見です。

筆者:VIVO
筆者:VIVO

フィットネス用品店の店長として4年間働いていました!
これまで個人はもちろん、パーソナルジムやフィットネスクラブのマシン販売・設置を行ってきました。
今回は、その経験を生かしてホームジム作りにおすすめのバーベルを5つ紹介します!

バーベルはホームジムに欠かせないアイテム

ホームジムを作るうえで、バーベルシャフトは欠かせないアイテムの一つです。

ホームジムマシンの代表格である『パワーラック・ハーフラック・ベンチプレス』は、全てバーベルが無ければ使用することができません。

パワーラックなどを購入する際は、必然的にバーベルシャフトを同時に購入することになるのです。

フリーウェイト種目の必須アイテムであるバーベルは、よく検討して購入する必要があります。

ホームジムで使用するバーベルを購入する前に知っておくべきこと

よくネットショップで販売されている『安価なバーベル』を何も考えずに購入する方もいますが、これは非常にリスクがあります。

特にスペースや予算も限られているホームジム作りでは、適当にバーベルを購入してしまうと、「せっかく買ったのにトレーニングができない…」という事態になりかねません。

ホームジムで使うバーベルは、必ず以下のポイントを考慮してから購入しましょう。

  • バーベルの長さに着目する
  • バーベルの口径サイズに注意する
  • バーベルの耐荷重量に注意する

それでは順に解説していきます。

バーベルの長さに着目する

バーベルを購入する際は、まず「どのくらいの長さのバーベルを購入すべきか」を考えましょう。

多くの方はパワーラックやベンチプレス台にバーベルシャフトを設置するはずです。

パワーラックやベンチプレス台にバーベルを設置する場合は、『180cm〜220cm』の長さのバーベルを選択することがポイントです。

180cm以下のバーベルだとパワーラックやベンチプレス台に設置できない可能性があります。

反対に部屋のサイズ以上の長さのバーベルを選んでしまうと、部屋に入らないリスクも。

部屋のサイズとラックの幅に合ったバーベルを選択することが大切です。

バーベルの口径サイズに注意する

バーベルには主に『口径28mm』のものと『口径50mm』の2種類が存在します。

口径28mm対応は『レギュラーシャフト』と呼ばれ、重さが10kg前後と軽く、初心者や女性でも使いやすいのが特徴。価格も比較的安価なものが多いです。

口径50mmのタイプは『オリンピックシャフト』と呼ばれ、重量も約20kgあり高重量トレーニングなどにも使用できます。

どちらのタイプを選択するかは、人によって違います。自分のトレーニング強度や予算に合ったタイプを選択しましょう。

また既にプレートを購入している方は、プレートの口径と同じタイプのバーベルを選択することが必須です。

バーベルの耐荷重量に注意する

バーベルシャフトを購入する際は、バーベルの耐荷重量に注意する必要があります。

とりあえず安いから…」という理由だけでバーベルを選んでしまうと、耐荷重性能が足らず、バーベルが折れてしまう可能性もあります。

自分のトレーニング強度に合った耐荷重性能を持つバーベルを選択しましょう。

特にレギュラーシャフト(口径28mmタイプ)には、耐荷重量が最大100kgのバーベルもあるので、注意が必要です。

ホームジムに設置するバーベルを購入するポイント

ここではホームジムに設置するバーベルを選ぶ際のポイントについて解説します。

バーベルの長さや口径が決まったら、次は以下の3つのポイントを意識して、購入するバーベルを選択しましょう。

  • 高重量トレーニングをするか否かでバーベルの種類を選ぶ
  • ローレット加工に注目する
  • 予算があるなら迷わずオリンピックシャフトを選択する

それでは順に解説していきます。

高重量トレーニングをするか否かでバーベルの種類を選ぶ

前述した通りバーベルには『レギュラーシャフト(口径28mm)』と『オリンピックシャフト(口径50mm)』の2種類があります。

どちらを選ぶかで迷われる方も多いはずです。

そんな方は「自分が150kgを超えるような高重量トレーニングを行うのか」で種類を選択しましょう。

レギュラーシャフトは値段も安価で非常に購入しやすいですが、その反面『耐荷重量が低い』というデメリットもあります。

対してほとんどのオリンピックシャフトは150kgを超えるようなトレーニングでも、十分に耐えることが可能です。

自分のトレーニング強度に応じて、バーベルの種類を選択しましょう。

ローレット加工に着目する

バーベルを選択する際は『ローレット加工』に着目することも大切です。

ローレット加工とは『バーベルのグリップ部分に施されている滑り止め』を意味しています。

ローレット加工がしっかりと施されているものほど、滑りにくいため、よりトレーニングもしやすいです。

ただしローレット加工が深いほど、手の皮膚への負担が大きくなります。

一般的にオリンピックシャフトの方がローレット加工が深く滑りにくいです。反対にレギュラーシャフトはローレット加工が浅いですが、手のひらの負担を軽減することができます。

予算があるなら迷わずオリンピックシャフトを選択する

これはあくまで筆者の考えですが、予算があるなら絶対にオリンピックシャフトを最初から購入するのがベストです。

理由は「最初はレギュラーシャフトで満足できても、トレーニングをしていくうちに耐荷重量が足りなくなる人が多いから」です。

ホームジムでの筋トレを頑張るほど、筋肉も成長していきます。最初は100kg以下の重量でトレーニンングしていても、そのうち150kg・200kgと増えていくことが予想できます。

もしお金に余裕があるのなら、最初の段階からオリンピックシャフトを購入しておくのもおすすめです。

ホームジムにおすすめのバーベル5選

本題である『ホームジムにおすすめのバーベル』をご紹介していきたいと思います。

今やネットショップ含め様々なバーベルが販売されていますが、「とりあえず安いから…」という安易な理由で、商品を選んでしまうのは危険です。

ここで紹介する以下の5つのバーベルは、スペックも評判も高いものばかりなので、ぜひバーベルの購入を検討されている方は、参考にしてみてください。

  • IVANKO OT-20 スタンダードオリンピックバー
  • ALEX COT-20 ブラックオキサイドオリンピックバー
  • BODYMAKER 家庭用オリンピックシャフト
  • IVANKO IB-20 エクササイズ スタンダードバー
  • IROTEC レギュラーバーベルシャフト 180cm

それでは順に解説していきます。

IVANKO OT-20 スタンダードオリンピックバー

https://item.rakuten.co.jp/

アメリカのトレーニング器具ブランド『IVANKO』が発売しているオリンピックシャフトです。

最も人気のあるバーベルであり、ホームジムトレーニーはもちろん、フィットネスクラブやパーソナルジムでも多く利用されています。

耐荷重性能は『160kg』とオリンピックシャフトの中では決して高くありませんが、一般のトレーニーなら十分なスペックです。

またグリップ部分のローレット加工は『浅すぎず、深すぎず』で丁度よく、どんな方でも心地よくトレーニングすることができます。

とりあえず一番人気のバーベルが欲しい!」という方におすすめです。

サイズ220cm
重さ20kg
耐荷重量160kg
価格(税込)60,500円

ALEX COT-20 ブラックオキサイドオリンピックバー

https://search.rakuten.co.jp/

海外のトレーニング器具ブランド『ALEX』が発売するオリンピックシャフトです。

耐荷重性能『300kg』と高重量トレーニングにも耐えられることが最大の魅力。

また深いローレット加工で、高重量種目を行うことを想定として作られているのも特徴です。

ただしローレットが深いので、手のひらが薄い女性だと、やや痛いかもしれません。

値段はかなり高めですが、「とにかく高重量トレーニングにも耐えるバーベルが欲しい!」という方にはピッタリです。

サイズ220cm
重さ20kg
耐荷重量160kg
価格(税込)60,500円

BODYMAKER オリンピックシャフト

https://search.rakuten.co.jp/

日本のフィットネスブランド『BODYMAKER(ボディメーカー)』が発売しているオリンピックシャフトです。

価格が『29,900円(税込)』とオリンピックシャフトの中では、抜群のコストパフォーマンスを誇ります。

耐荷重量はメーカー非公表ですが、200kg程度までの重量なら、難なくトレーニングを行えるようです。

とにかくコストを抑えて、オリンピックシャフトを購入したい!」という方におすすめのバーベルです。

サイズ220cm
重さ20kg
耐荷重量不明
価格(税込)29,900円

IVANKO IB-20 エクササイズ スタンダードバー

https://search.rakuten.co.jp/

海外トレーニング器具ブランド『IVANKO』が発売しているレギュラーシャフトです。

ローレット加工にこだわって作られており、滑りにくいのと同時に、ローレットが深すぎないため、女性でも手のひらを傷つけることなく使用できます。

耐荷重性能もレギュラーシャフトの中ではトップクラスの『160kg』あるので、十分に高強度なトレーニングも行うことが可能です。

スペックの高いレギュラーシャフトが欲しい!」という方におすすめです。

サイズ206.9cm
重さ10kg
耐荷重量160kg
価格(税込)13,200円

IROTEC レギュラーバーベルシャフト 180cm

https://search.rakuten.co.jp/

日本のトレーニング器具ブランド『IROTEC(アイロテック)』が発売しているレギュラーシャフトです。

バーベルの長さは180cmで、省スペースでのトレーニングにピッタリです。

価格も『8,580円(税込)』と1万円以下で購入することができます。

バーベル自体にこれといった特徴はありませんが、200kgを超えるトレーニングをしない方なら十分なスペックでしょう。

省スペースで設置できるバーベルが欲しい!」という方におすすめです。

サイズ180cm
重さ9kg
耐荷重量不明
価格(税込)8,580円

バーベルを購入するならフィットネスショップがおすすめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-07-28-23.56.56-1024x723.png
https://www.fitnessshop.jp/

バーベルをネットショップで購入したいけれど、楽天やamazonは何となく不安…」という方もいらしゃるのではないでしょうか。

そんな方は『フィットネスショップ』でのバーベルシャフト購入がおすすめです。

大手スポーツクラブ・ゴールドジムを運営する『株式会社THINKフィットネス』が運営する専門ショップなので信頼が持てます。

今回紹介した商品の中では『IVANKO OT-20 スタンダードオリンピックバー』・『ALEX COT-20 ブラックオキサイドオリンピックバー』・『IVANKO IB-20 エクササイズ スタンダードバー』が購入可能です。

さらに公式ネットショップでの購入なら『送料無料』でバーベルシャフトを購入することも可能。カラーも同時に購入することができます。

フィットネスショップ公式

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バーベルシャフトは、パワーラックやベンチプレス台をホームジムに設置する方には、必須のアイテムです。

これからホームジムに設置するバーベルの購入を検討されている方は、今回ご紹介した中から、自分に合ったバーベルをピックアップしてみてください。

またFitLabでは、読者の方からの関する質問や相談を『無料』で受け付けています。ホームジム作りはもちろん、フィットネス関連の質問ならば何でもお答えします。

もしご質問やご相談があれば問い合わせフォームからお気軽にお伝えください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました