【厳選】ホームジムにおすすめのランニングマシン5選

ホームジム・マシン

ホームジムに置くランニングマシンってどれを選んだらいいの?

上記でお悩みではありませんか?

自宅で手軽に有酸素運動ができるランニングマシンは、ホームジムに設置するのに非常におすすめのマシンです。

しかしネットショップを中心に多くのランニングマシンが発売されており、価格もスペックも様々で、一体どの商品を選んだらいいのか分からない方も多いはず。

そこで今回はフィットネス用品店の店長として4年間働いた筆者が、自身の経験と知識を活かして、おすすめのランニングマシンを5つ厳選しました。

ホームジムに設置するランニングマシンの購入を検討されている方は必見です。

筆者:VIVO
筆者:VIVO

フィットネス用品店の店長として4年間働いていました!
これまで個人はもちろん、パーソナルジムやフィットネスクラブのマシン販売・設置を行ってきました。
今回は、その経験を生かしてホームジム作りにおすすめのランニングマシンを5つ紹介します!

ランニングマシンはホームジムにおすすめのアイテム

ランニングマシンは、ホームジムに設置するにはピッタリのアイテムです。

ランニングマシンをホームジムに設置することで、雨に濡れることもなく手軽に有酸素運動を行うことができます。

パワーラックなどの筋トレマシンと一緒に設置すれば、筋トレと有酸素運動の両方をホームジムでのトレーニングで完結させることが可能です。

実際にホームジムにランニングマシンを設置する方は、年々増加しており、それに合わせて各社メーカーが多種多様なランニングマシンを発売しています。

ランニングマシンを購入する前に知っておくべきこと

まずは『ランニングマシンを購入する前に知っておくべきこと』について解説していきます。

間違っても、「ランニングマシンが欲しいから直ぐに買ってしまおう!」ということはしないで下さい。

専門知識がある方なら別ですが、何の知識もない方が突発的にランニングマシンを購入してしまうと、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。

ランニングマシンの設置を検討されている方は、必ず以下の点を理解したうえで購入しましょう。

  • 走行面の長さは120cm以上、幅は40cm以上を目安にする
  • マンションでのランニングマシン設置は衝撃や騒音に注意
  • 安すぎるランニングマシンは購入しない

それでは順に解説していきます。

走行面の長さは120cm以上、幅は40cm以上を目安にする

ランニングマシンを選ぶ際は、まず走行面のサイズに着目します。

目安として『長さ120cm以上・幅40cm以上』のものを選択することが大切です。

これ以下だと、走行中に万が一バランスを崩した際、走行面から落下する恐れがあります。

よくネットショップやスポーツ量販店に『1万円台の超小型ランニングマシン』が販売されていますが、筆者はこういったマシンの購入は絶対反対です。

必ず安全に使用できるランニングマシンを選択しましょう。

マンションでのランニングマシン設置は衝撃やモーター音に注意

マンションやアパートでのランニングマシン設置は『衝撃』や『騒音』に十分注意することが必須です。

特にランニングマシンは、パワーラックなどの筋トレ器具に比べて、衝撃や騒音が発生しやすい器具です。

ランニングマシンの衝撃や騒音で隣人トラブルになるケースも少なくありません。

筆者は基本的にマンションでのランニングマシンの設置はおすすめしていませんが、どうしても設置したい方は『防音マット』や『衝撃吸収マット』を必ず購入しましょう。

安すぎるランニングマシンは購入しない

よくネットショップやスポーツ量販店には、1万円〜2万円のランニングマシンが販売されていますが、筆者は基本的にこうした『安価なランニングマシン』の購入はおすすめしません。

ランニングマシンは『安全性・クッション性・防音性・耐久性』など、商品のスペックが非常に大切なマシンです。

これらの一つでも欠落しているランニングマシンは、使用時に何らかのトラブルが発生します。

安価なランニングマシン全てを否定している訳ではありませんが、やはり最低限のスペックを確保するには1万円〜2万円で販売することはほぼ不可能でしょう。

ホームジムに設置するランニングマシンを選ぶ際のポイント

ランニングマシンを購入する前に最低限知っておくべきことは、理解できたかと思います。

ここでは「どのようなポイントに着目してランニングマシンを選べば良いのか」を解説します。

ランニングマシンを選ぶ際のポイントは以下の3つです。

  • 時間制限がないものが理想
  • 最高速度と傾斜角度に着目する
  • 折りたたみができるものを選ぶ

それでは順に解説していきます。

時間制限がないものが理想

一部のランニングマシンには『連続使用時間』が制限されているものがあります。

これはランニングマシンに搭載されている『モーターの稼働可能時間』を表しており、この時間を大幅に越えて使用してしまうと、モーターが故障してしまう恐れがあるのです。

つまり「連続使用時間が制限されているランニングマシンは、モーターのスペックが高くない」ということです。

反対に連続使用時間が制限されていないランニングマシンは、モーターのスペックが高いので、故障のリスクが少ないことを意味しています。

価格はどうしても高くなってしまいますが、予算があるなら『連続使用時間の制限がないランニングマシン』を選択しましょう。

最高速度と傾斜角度に着目する

ランニングマシンは、商品によって『最高速度』と『傾斜角度』の値に差があります。

速度は『12km/h以上』、傾斜角度は『5%以上』が最大設定範囲であるものがベストです。

これ以下の範囲でしか設定できないものは、一般のトレーニーには物足りなく感じるでしょう。

本格的にランニングマシンで走りたい方は、最高速度16km/h以上のものがおすすめ!

折りたたみができるものを選ぶ

マシンを設置できるスペースが限られているホームジムでは、マシンの『収納力』も重要なポイントです。

そこで「折りたたみが可能なランニングマシンを選択する」ということも視野に入れておきましょう。

家庭用のランニングマシンの中には、使用時以外は折りたたんで収納できるタイプが多く発売されています。

さらにキャスターもついていれば『折りたたんだ状態からの移動』もスムーズに可能です。

ランニングマシンを選ぶ際は、マシンの基本スペック以外の部分にも着目してみましょう。

ホームジムにおすすめのトレッドミル5選

本題である『おすすめのランニングマシン』をご紹介していきます。

ネットショップを中心に数多くのランニングマシンが発売されていますが、「あまりにも数が多すぎてどれを選んだらいいのか分からない…」という方も多いはず。

そこでフィットネスマシンのプロである筆者が、5つのランニングマシンを厳選してピックアップしました。

ぜひホームジムに設置するランニングマシン選びの参考にしてみてください。

Reebok Jet100+ トレッドミル

https://www.rakuten.co.jp/

世界的スポーツブランド『Reebok(リーボック)』が発売している家庭用ランニングマシンです。

コンパクトなサイズ感ながら『最高速度16km/h・傾斜12%』と高いスペックが魅力。

家庭用ランニングマシンですが、ホームジムでの本格的なトレーニングでも十分に活躍してくれます。

コンパクトサイズでもスペックの高いランニングマシンが欲しい!」という方におすすめです。

サイズ長さ171×幅78×高さ139(cm)
本体重量76kg
連続使用時間制限なし
最高速度16km/h
傾斜1-12%
折りたたみ
価格(税込)167,200円

adidas T-19X トレッドミル

https://www.rakuten.co.jp/

世界的スポーツブランド『adidas(アディダス)』が発売しているランニングマシンになります。

4.0馬力の強力なモーターを使用しており、耐久性と安定感が抜群です。

サイズ感は『長さ190cm・幅87.5cm』あり、本格的な有酸素トレーニングでも安全に行うことができます。

またコンソールはタッチパネル式になっており、wifi環境があれば『youtube』や『Netflix』の視聴も可能です。

ホームジムにスペックの高いランニングマシンを設置したい!」という方におすすめです。

サイズ長さ197×幅87.5×高さ154.5(cm)
本体重量98kg
連続使用時間制限なし
最高速度20km/h
傾斜1-15%
折りたたみ
価格(税込)275,000円

HORIZON ADVENTURE 1

https://www.rakuten.co.jp/

海外の家庭用カーディオマシンブランド『HORIZON(ホライズン)』が発売しているランニングマシンです。

『VRCクッション』という特殊素材を使用しており、家庭用ランニングマシンとは思えない程のクッション性能があります。

また最高速度18km/hで、本格的なジョギングに対応しているのも魅力です。

ランニングマシンで本格的なジョギングを行いたい!」という方に非常におすすめできます。

サイズ長さ182×幅89×高さ138(cm)
本体重量81kg
連続使用時間制限なし
最高速度18km/h
傾斜1-10%
折りたたみ
価格(税込)176,000円

アルインコ AFR2316 ランニングマシン

https://www.rakuten.co.jp/

家庭用カーディオマシンで有名な『アルインコ』が発売しているランニングマシンです。

スペックはそこまで高くないものの、価格『34,800円』と抜群のコストパフォーマンスが魅力。

内部に体力評価機能が搭載されているため、運動の記録をしっかりと確認することができます。

ただし連続使用時間は30分となっているため、軽めの有酸素運動しかできないのは弱点です。

とにかくコスパ重視でランニングマシンを購入したい!」という方におすすめです。

サイズ長さ140×幅64×高さ110(cm)
本体重量34kg
連続使用時間30分
最高速度10km/h
傾斜1-3%
折りたたみ
価格(税込)34,800円

Life Fitness F3 トレッドミル

https://www.rakuten.co.jp/

トレーニングブランド大手の『Life Fitness(ライフフィットネス)』が発売する家庭用ランニングマシンです。

『走行性能・クッション性能・耐久性』など、どれをとっても家庭用ランニングマシンの中でもトップクラスのハイスペックです。

特に『静音性』が抜群で、筆者が見てきた家庭用ランニングマシンの中では、最高性能だと思います。

お値段はかなり高いですが、「とにかくトップクラスのランニングマシンが欲しい!」という方には非常におすすめです。

サイズ長さ198.5×幅87×高さ192(cm)
本体重量120kg
連続使用時間なし
最高速度16,1km/h
傾斜1-12%
折りたたみ
価格(税込)539,000円

ランニングマシンを購入するならフィットネスショップがおすすめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-07-28-23.56.56-1024x723.png
https://www.fitnessshop.jp/

ランニングマシンをネットショップで購入したいけれど、楽天やamazonは何となく不安…」という方もいらしゃるのではないでしょうか。

そんな方は『フィットネスショップ』でのランニングマシン購入がおすすめです。

大手スポーツクラブ・ゴールドジムを運営する『株式会社THINKフィットネス』が運営する専門ショップなので信頼が持てます。

さらに公式ネットショップでの購入なら『送料無料』でランニングマシンを購入することも可能。万が一の故障にもしっかりと対応してくれるので安心です。

フィットネスショップ公式

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ランニングマシンは、ホームジムでも本格的な有酸素運動ができる人気のマシンです。

これからホームジムに設置するランニングマシンの購入を検討されている方は、今回ご紹介した中から、自分に合ったランニングマシンをピックアップしてみてください。

またFitLabでは、読者の方からの関する質問や相談を『無料』で受け付けています。ホームジム作りはもちろん、フィットネス関連の質問ならば何でもお答えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました