筋トレは何分やればいい?最適な筋トレ時間とは【ボディビルダーが解説】

トレーニング

「筋トレって1回どのくらいの時間やればいいの?」

上記のようなお悩みをお持ちのトレーニーは意外と多いのではないかと思います。

実際に筆者もトレーニングを始めたばかりの頃は、1回の筋トレでどのくらいの時間やれば良いのかが分からない状態でした。

そこで今回は『ボディビルダー兼インストラクター』である筆者が、筋トレの所要時間について解説していきます。

筋トレ初心者の方はもちろん、筋トレの所要時間にこだわりを持ちたい方は必見です。

結論。最適な筋トレ時間は人による

先に結論から言うと「1回の筋トレの最適な時間は人による」ということになります。

筋トレにかける時間には決まりがなく、目的やライフスタイルによっても最適な時間は変わってきます。

例えばボディビルダーやアスリートの様な「体づくりを主本としている人」は、必然的に筋トレを行う時間は長くなります。逆に筋トレは趣味程度で「他の物事にも時間を使いたい人」は短くなるでしょう。

ただしあまりにも短すぎたり、逆に3〜4時間筋トレだけを行っても、あまり意味はありません。ある程度の目安時間というものは、どのような目的を立てるかによって変わってきます。自分のボディメイクの目的にあった筋トレ時間を選択しましょう。

目的別。筋トレの目安時間

先ほど、筋トレの目安時間は目的によって変化するとお話ししました。

そこでボディメイクの目的に合わせた筋トレの目安時間に関して解説していこうと思います。ほとんどの人が以下の目標で、ボディメイクを行っているはずです。

  • ダイエットや減量が目的の人
  • バルクアップ(筋肉量)アップを目指している人
  • 健康・体型維持のために筋トレをしている人

上記3つの目的に適した筋トレの目安時間を解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

ダイエットや減量が目的の人

ダイエットや減量によって脂肪を燃焼させたいと考えている人は、おおよそ1〜2時間のトレーニング時間を確保するのが目安です。

長いと感じる方もいるかもしれませんが、脂肪を燃焼させるには、ある程度長い時間体を動かす必要があります。長時間体を動かすことで、体内に蓄積されている脂肪が燃焼され始めるからです。

ただし2時間全てを筋トレに費やす必要はありません。有酸素運動やストレッチと伴わせても脂肪燃焼には十分効果的です。

下記にトレーニングの時間配分を例として紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

  • 筋トレ40分+有酸素運動20分=計1時間
  • 筋トレ60分+有酸素運動20分+ストレッチ10分=計1時間30分
  • 筋トレ60分+有酸素運動40分+ストレッチ20分=計2時間

バルクアップ(筋肉量)アップを目指している人

バルクアップ(筋肉量)アップを目的としている人は、1時間の筋トレを目安とするのがオススメです。

バルクアップのための筋トレは、限界まで筋肉を刺激する必要があるため長時間のトレーニングは不可能です。無理に長時間体を追い込み過ぎれば、体調不良や怪我の原因になりかねません。1時間という限られた時間内で、いかに筋肉を追い込めるかが大切です。

またバルクアップが目的なのにどうしても2時間近くかかってしまう方は、1度メニューの見直しをしてみることをオススメします。トレーニングメニューに無駄がある場合が多いです。

ちなみに筆者もトレーニング時間は1時間に設定しています。以前は2時間近く行うこともありましたが、長い時間やっているだけで筋肉の成長は感じられませんでした。それよりも短時間で限界まで筋肉を追い込む意識を持つことが大切です。

必ずしも長い時間の筋トレが効果的な訳ではないよ!

健康・体型維持のために筋トレをしている人

健康・体型維持のために筋トレを行っている方は、20分〜40分の筋トレを心がけましょう。

目的が脂肪燃焼でも筋力アップでもないため、長時間のトレーニングも限界まで筋肉を追い込む筋トレも必要ありません。自分の無理のい範囲で筋トレを行うことが大切です。

ただしマシンを闇雲に動かしているだけのトレーニングはやめましょう。いくら体型維持が目的でも適当にトレーニングしていては意味がありません。

短い時間でも、適切なフォームで筋トレを行うことが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は筋トレの目安時間に関して解説してきました。

筋トレを何分やるのかは目標によって異なってきます。自分のボディメイクの目的はどこにあるのかを理解して、トレーニングの時間を設定しましょう。

今回お話しした内容以外にも、FitLabではフィットネスに関する様々な情報をお届けしています。もしご質問や疑問点があれば「問い合わせフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。

ボディメイクに関するご相談も随時承っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました