ホームジム作りにパワーテックのマシンはどうなの?

ホームジム・マシン

最近ではホームジム作りが流行していることもあり、ネットショップを中心に数多くのマシンが発売されています。

そんな中でも特に人気のマシンメーカーが『POWERTEC(パワーテック)』です。

そこで今回はフィットネスマシンのプロである筆者が、パワーテックの評判や商品について解説します。

ホームジム用にパワーテックのマシンを購入しようかな…」と検討されている方は、必見です。

POWERTEC(パワーテック)とは?

出典:https://www.spotaka.shop/powertec/

POWERTEC(パワーテック)はアメリカのマシンメーカーで、日本では『株式会社THINKフィットネス』が総代理店として、マシンの販売を行っています。

家庭用マシンの販売を中心としており、個人のホームジムはもちろん、パーソナルジムでも多く採用されている人気のマシンメーカーです。

多くの著名人にも愛用されており、日本のトップボディビルダーである『木澤大佑選手』もパワーテックのマシンを愛用しています。

結論。パワーテックは家庭用マシンの中でもトップクラスの品質

先に結論から述べると「パワーテックは数ある家庭用マシンの中でもトップクラスの品質」を誇ります。

フィットネスブームの影響で国内外で多くのメーカーがマシンを販売していますが、パワーテックのマシンの品質はトップクラスです。

実際に多くのボディビルダーがパワーテックのマシンを愛用しており、家庭用でも強度の高いトレーニングを行えることから高い評価を得ています。

ホームジムで強度の高いトレーニングをしたい!」という方には非常におすすめのメーカーです。

ホームジムにパワーテックのマシンを導入するメリット

ホームジム作りにおいてパワーテックのマシンを導入するメリットについて解説していきます。

現在ネットショップを中心に多くのメーカーがマシンを発売していますが、その中でもパワーテックは多くのホームジムトレーニーに愛用されているメーカーです。

実際にパワーテックのマシンをホームジムに導入するメリットは、以下の通りです。

  • マシンの耐久度が高いので高強度トレーニングができる
  • 複数のトレーニング種目が1台で可能
  • 黒を基調としたデザインでオシャレなホームジムに

それでは順に深堀していきます。

マシンの耐久度が高いので高強度トレーニングができる

パワーテックマシンの最大の魅力は『耐久性能』にあります。

例えば、パワーテックマシンの中で最も人気の『WB-PR19 パワーラック』は耐荷重量454kgで、家庭用パワーラックの中では間違いなくトップクラスの耐荷重性能でしょう。

実際に『木澤大佑選手』をはじめ、多くのボディビルダーやパワーリフターにパワーテックのマシンが愛用されており、高い人気を得ています。

ホームジムでも高重量・高強度のトレーニングがしたい!」という方にはピッタリです。

複数のトレーニング種目が1台で可能

パワーテックのマシンは、非常に機能性が高く、マシンによっては1台で20種目以上のトレーニングができるものもあります。

またパワーテックの『パワーラック・ハーフラック・スミスマシン・トレーニングベンチ』は、それぞれ別売りオプションを購入することで、さらにトレーニング種目を増やすことができます。

省スペースでマシンを設置できる数も限られているホームジムでは、1台で複数のトレーニング種目ができることは大きなメリットです。

黒を基調としたデザインでオシャレなホームジムに

パワーテックのマシンは黒を基調としたデザインで、導入することでオシャレなホームジムを作ることができます。

マシン自体にも重厚感があるので、パワーラックなどの大型マシンを導入すれば、迫力のあるホームジムを作ることができるでしょう。

また黒色を基調としたカラーリングなので、床材との色の相性もバッチリ。

オシャレで迫力のあるホームジムを作りたい!」という方にも非常におすすめのメーカーです。

ホームジムにおすすめのパワーテックのマシン5選

パワーテックのマシンを導入するメリットは、理解できたかと思います。

ここからは、実際にパワーテックの中でも、ホームジムにおすすめのマシンを5つピックアップして紹介します。

パワーテックのマシンを購入することを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

WB-PR19 パワーラック

出典:https://www.fitnessshop.jp/

パワーテックマシンの中で最も人気のある家庭用パワーラックです。

最大の魅力は『耐荷重量454kg』という耐久性能で、高重量・高強度トレーニングも難なく行うことができます。

デザインも非常に重厚感があり、迫力のあるホームジムになること間違いなしです。

ホームジムで高重量トレーニングをしたい!」という方におすすめのパワーラックです。

サイズ幅127×奥行129×高さ210(cm)
本体重量97kg
耐荷重量ラック:454kg、チンニング・ディップスバー:180kg
価格(税込)143,000円

WB-RS19 ローラースミスマシン

出典:https://www.fitnessshop.jp/

ホームジムでも安全にトレーニングができるスミスマシンになります。

非常にコンパクトなのが特徴で、『奥行107cm』と省スペースのホームジムでも設置しやすいサイズ感です。

レールもスムーズに稼働するので、施設用のスミスマシンとのスペックの差を感じさせません。

高品質でコンパクトなスミスマシンが欲しい!」という方におすすめです。

サイズ幅217×奥行107×高さ210(cm)
本体重量101kg
耐荷重量約204.3kg
価格(税込)214,500円

WB-LS20 レバレッジシステム

出典:https://www.fitnessshop.jp/

1台で20種類以上のトレーニングが可能なマルチマシンになります。

てこの原理を利用しており、自然な負荷抵抗でハードユーザーにも非常に人気です。

またプレートローディング式なので、プレートを追加していくことで、かなりの高重量トレーニングが可能。

省スペースの設置で多数のトレーニングができるので、ホームジムへの設置にもピッタリです。

サイズ幅146×奥行207×高さ208(cm)
本体重量120kg
耐荷重量プレスアーム部:225kg、ラットプルダウン:135kg
価格(税込)264,000円

L-SC19 レバレッジスクワット&カーフ

出典:https://www.fitnessshop.jp/

スクワットとカーフレイズが可能な、プレートローディング式のスクワットマシンになります。

日本のトップビルダーである『木澤大佑選手』も愛用しているスクワットマシンで、150kgを超える高重量スクワットも可能です。

また通常のフリーウェイトでのスクワットに比べて、軌道も決まっているので、怪我のリスクも少ないのが魅力。

ホームジムでの強度の高い脚トレにおすすめです。

サイズ幅140×奥行147×高さ157(cm)
本体重量85kg
耐荷重量225
価格(税込)132,000円

P-LP19 レッグプレス

出典:https://www.fitnessshop.jp/

プレートローディング式の45°レッグプレスになります。

家庭用のレッグプレスながらスペックは十分で、耐荷重量『450kg』と高重量のレッグプレストレーニングも難なく行えます。

フットプレートの面積も広いので、足幅を変えて『大臀筋』や『ハムストリングス』のトレーニングも可能です。

家庭用でもスペックの高いレッグプレスが欲しい!」という方におすすめです。

サイズ幅93×奥行201×高137(cm)
本体重量100kg
耐荷重量450kg
価格(税込)198,000円

パワーテックのマシンを購入するならフィットネスショップがおすすめ

出典:https://www.fitnessshop.jp/

パワーテックのマシンを購入するには、日本の総代理店である『フィットネスショップ』で購入するのがおすすめです。

インターネットのECサイトでは、稀に『フィットネスショップ』もしくは『ゴールドジム』以外のお店もパワーテックのマシンを販売していますが、もちろん総代理店として認可はされていません。

一方でフィットネスショップは、大手スポーツクラブ・ゴールドジムを運営する『株式会社THINKフィットネス』が運営する専門ショップなので信頼が持てます。

もしパワーテックの製品を購入する場合は、必ず総代理店である『フィットネスショップ』で購入しましょう。

万が一の場合でもしっかりと対応してくれますし、別料金ではありますが『組立設置』も行ってくれます。

フィットネスショップ公式

まとめ

いかがでしたでしょうか?

パワーテックは、数あるマシンメーカーの中でもトップクラスの知名度と品質を誇るメーカーです。

今回ご紹介した内容を参考に、ぜひパワーテックの製品でホームジムに設置するマシンを検討してみてください。

またFitLabでは、読者の方からの関する質問や相談を『無料』で受け付けています。ホームジム作りはもちろん、フィットネス関連の質問ならば何でもお答えします。

もしご質問やご相談があれば問い合わせフォームからお気軽にお伝えください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました