【厳選】ホームジムにおすすめのパワーラック5選

ホームジム・マシン

最近ではスポーツジムやフィットネスクラブに通わずに、自宅にホームジムを作る方も増えてきました。

そんなホームジムに設置するマシンの中で、最も人気のあるマシンがパワーラックです。

そこで今回はフィットネス用品店店長として4年間働いた筆者が、厳選したパワーラックを5つご紹介します。

ホームジムにパワーラックを設置しようかな…」と検討されている方は必見です。

筆者:VIVO
筆者:VIVO

フィットネス用品店の店長として4年間働いていました!
これまで個人はもちろん、パーソナルジムやフィットネスクラブのマシン販売・設置を行ってきました。
今回は、その経験を生かしてホームジム作りにおすすめのパワーラックを5つ紹介します!

パワーラックは初心者から上級者までおすすめの器具

パワーラックはホームジムに設置するマシンの中で、最も人気のある器具です。

パワーラックが人気である理由は「スクワットやベンチプレスなど、様々な種目を1台で行えるから」です。

トレーニングの基本種目である『ビッグ3(スクワット・ベンチプレス・デッドリフト)』をパワーラック1台で行うことが可能です。またビッグ3以外にも、腕や背中のトレーニングも行うことができます。

パワーラックは、初心者から上級者まで幅広い層に適したマシン器具なのです。

パワーラックを選ぶ際の5つのポイント

パワーラックを購入する際には、いくつかのポイントを抑えておく必要があります。

単純に見た目や価格で選んでしまうと、買った後に後悔してしまう可能性があるので、必ず以下のポイントを理解したうえで、購入するようにしましょう。

  • パワーラックの本体サイズに着目する
  • 部屋のサイズを確認しておく
  • セーフティーバーはワンタッチ式のものがおすすめ
  • 高重量トレーニングをするなら耐荷重量にも注意する
  • 組立は2人以上でする

それでは順に解説していきます。

パワーラックの本体サイズに着目する

まずは、パワーラックの本体サイズを確認しましょう。

特にパワーラックは、2mを超える高さがあるものが多いです。そのため部屋の天井高が2m以下の場合は、設置自体が困難になります。

目安として天井高より、最低でも10cm以上の余裕があるパワーラックを選択しましょう。天井高ギリギリのサイズのパワーラックだと、設置は可能でも組立が出来ない可能性があるからです。

部屋のサイズを確認する

パワーラックを購入する場合は、必ず部屋のサイズを前もって確認する必要があります。

天井高はもちろん、部屋の全長も確認しておきましょう。

パワーラックを設置する場合は、同時にバーベルバーも購入するはずです。パワーラックに設置できるバーベルバーは、最低でも1.8m以上の長さになります。

つまり部屋の全長が1.8M以下しかないと「パワーラックを設置したのに、トレーニングができない…」ということになってしまうので注意しましょう。

セーフティーバーはワンタッチ式のものがおすすめ

パワーラックのセーフティーバーには『取り外し式』と『ワンタッチ式』の2種類のタイプがあります。

価格は少し高くなりますが、ワンタッチ式の方が、圧倒的におすすめです。

ワンタッチ式だと取り外す手間がないため、よりスムーズにトレーニングを行うことができます。

また取り外し式と違って、音も発生しないので夜間のトレーニングにも適しています。

高重量トレーニングをするなら耐荷重量にも注意する

100kgを超えるような高重量トレーニングをしたい方は、パワーラックの耐荷重量にも着目しなければなりません。

特に10万円以下で購入できるパワーラックを選択する際は注意が必要です。耐荷重量が100kg以下のパワーラックもあるので、これだと100kgを超える高重量のトレーニングには絶対に耐えられません。

高重量トレーニングを行いたい方は『耐荷重量250kg以上のパワーラック』を選ぶのをおすすめします。

やや値段は張りますが、安全にトレーニングをするためにも、耐荷重量には妥協しないようにしましょう。

組立は2人以上でする

パワーラックを『楽天』や『amazon』などのネットショップで購入した場合は、必然的に組立は自分で行うことになります。

パワーラックの組立で注意すべきは「絶対に組立を1人で行わないこと」です。

組立自体は難しくはないですが、パワーラックの天板をはめる時は非常に危険です。天板をはめる時に万が一転んでしまうと、間違いなく怪我をします。

特に今までマシンの組立経験が無い人は、絶対に家族や友人に組立作業を手伝ってもらうようにしましょう。

どうしても組立を手伝ってくれる人が居ない場合は、専門ショップで組立作業を依頼するのが無難です。

おすすめのパワーラック5選

本題である『おすすめのパワーラック』をご紹介していきます。

最近では多くのメーカーがパワーラックを発売していますが「とりあえず安いから」といって適当に選んでしまうと、思わぬトラブルが発生してしまう可能性もあります。

ここで紹介する以下の5つのパワーラックは、品質も評判も良いものばかりです。ぜひ参考にしてみて下さい。

  • TUFFSTUFF:CPR-265 パワーラック
  • POWERTEC:WB-PR19 パワーラック
  • IROTEC:マルチパワーラック
  • WILDFIT:パワーラックPRO
  • BULL:パワーラック

それでは順に解説していきます。

TUFFSTUFF CPR-265 パワーラック

https://www.fitnessshop.jp/

アメリカの大手マシンメーカー『TUFFSTUFF(タフスタッフ)』が製造・販売している家庭用パワーラックとなります。

家庭用パワーラックの中で品質と人気はダントツです。

高重量トレーニングにも耐える頑強なフレームに加え、ワンタッチ式でセーフティバーを移動することが出来るので『品質重視』でパワーラックを選ぶなら、これ一択だと思います。

RIZAPをはじめ、多くのパーソルジムでも導入されており、品質は折り紙付です。

サイズ幅130×奥行145×高213(cm)
本体重量99kg
耐荷重量メーカー非公表
価格(税込)203,500円

POWERTEC WB-PR19 パワーラック

https://www.fitnessshop.jp/

海外のマシンメーカー『POWERTEC(パワーテック)』が発売する家庭用モデルのパワーラックです。

最大の魅力は『耐荷重性能』にあります。なんと『最大耐荷重454kg』と、パワーラックの中ではトップクラスの耐荷重性能です。

またラック上部には『マルチチンニングバー』も搭載されており、懸垂トレーニングも同時に行うことが可能です。

黒色でコーティングされたフレームが非常にカッコいいのも魅力。機能性とデザイン性の両方を兼ね揃えた人気のパワーラックです。

サイズ幅127×奥行129×高さ210(cm)
本体重量97kg
耐荷重量ラック:454kg、チンニング・ディップスバー:180kg
価格(税込)143,000円

IROTEC パワーラック V-MAX

https://www.rakuten.co.jp/

トレーニング機器ブランド『IROTEC(アイロテック)』が発売しているパワーラックになります。

価格は『61,050円(税込)』と非常にコストパフォーマンスに優れているのが魅力。フレームも頑強なので、高重量トレーニングも十分に行えます。

コスパも品質も妥協したくない!」という方におすすめです。

サイズ幅115×奥行114×高さ210(cm)
本体重量90kg
耐荷重量メーカー非公表
価格(税込)61,050円

WILDFIT パワーラックPRO

https://item.rakuten.co.jp/

日本のフィットネス器具ブランド『WILDFIT(ワイルドフィット)』が発売しているパワーラックになります。

デザインや造りはシンプルですが、価格が『50,500円(税込)』とコストパフォーマンスが抜群です。

5cm間隔でセーフティーバーとバーベル台の高さを変えることも可能。シンプルで非常に使い易いパワーラックです。

ただし耐荷重量が150kgなので高重量トレーニングをしたい方には、やや不向きです。

出来るだけ費用は抑えてパワーラックを買いたい!」という方におすすめです。

サイズ幅118×奥行101×高さ203(cm)
本体重量51kg
耐荷重量ラック:150kg、ディップス:80kg、チンニング:120kg
価格(税込)50,500円

BULL パワーラック

https://item.rakuten.co.jp/

日本発のトレーニングブランド『BULL(ブル)』が発売しているパワーラック。

最大の魅力は、超高重量トレーニングにも耐える頑強なフレームです。

BULLは『パワーリフティングアスリート』をターゲットにしたブランドなので、高重量トレーニングにも耐えられる材料(建築用鋼材SS400)を使用してパワーラックも製作されています。

また国産ブランドということで、日本人の骨格に合わせた造りなので、非常にトレーニングがしやすいのも特徴です。

パワーリフター』や『ボディビルダー』などの高重量トレーニングを行う方におすすめのパワーラックとなります。

サイズ幅170×奥行170×高さ226(cm)
本体重量310kg
耐荷重量メーカー非公表
価格(税込)462,000円

パワーラックを購入するならフィットネスショップがおすすめ

https://www.fitnessshop.jp/

パワーラックをネットショップで購入したいけれど、楽天やamazonは何となく不安…」という方もいらしゃるのではないでしょうか。

そんな方は『フィットネスショップ』でのマシン購入がおすすめです。

大手スポーツクラブ・ゴールドジムを運営する『株式会社THINKフィットネス』が運営する専門ショップなので信頼が持てます。

今回紹介した商品の中では『TUFFSTUFF:CPR-265 パワーラック』と『POWERTEC:WB-PR19 パワーラック』が購入可能です。

さらに公式ネットショップでの購入なら『送料無料』でパワーラックを購入することも可能。組立スタッフも派遣してくれます(別途料金が必要)。

フィットネスショップ公式

まとめ

いかがでしたでしょうか?

パワーラックは、ホームジムには欠かせないマシンです。

これからホームジムに設置するパワーラックの購入を検討されている方は、今回ご紹介した中から、自分に合ったパワーラックをピックアップしてみてください。

またFitLabでは、読者の方からの関する質問や相談を『無料』で受け付けています。ホームジム作りはもちろん、フィットネス関連の質問ならば何でもお答えします。

もしご質問やご相談があれば問い合わせフォームからお気軽にお伝えください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました