プレハブにホームジムを作る方法。おすすめのマシンも紹介

ホームジム

プレハブにホームジムを作りたいけど、どうしたらいいの?

上記でお悩みではありませんか?

最近ではスポーツジムに通わず自宅にホームジムを作る方も増えてきました。

ホームジムを作る場所として、『プレハブ』を選び人も多いです。

そこで今回はホームジム作りのプロである筆者が『プレハブにホームジムを作る方法』を解説。

プレハブにホームジムを作るまでの手順や費用、おすすめのマシンも同時に解説します。

これから自宅のプレハブにホームジムを作ることを検討されている方は、必見です。

筆者:VIVO
筆者:VIVO

フィットネス用品店の店長として4年間働いていました!
これまで個人はもちろん、パーソナルジムやフィットネスクラブのマシン販売・設置を行ってきました。
今回は、その経験を生かしてプレハブにホームジムを作る方法を解説します!

プレハブにホームジムを作るまでの手順

まずはプレハブにホームジムを作るまでの手順について解説したいと思います。

ホームジム作りは、しっかりと段階を踏んで計画的に進めていくことが大切です。

ここでお話しする以下の手順で、ホームジム作りを進めてください。

  1. プレハブのサイズを採寸する
  2. 設置するマシンを決める
  3. 見積もりを作成する
  4. マシンを購入する
  5. マシンを設置する

それでは順に詳しく解説していきます。

手順1:プレハブ内のサイズを採寸する

まずは、プレハブ内のサイズを採寸することからスタートしましょう。

プレハブの『縦・横・高さ』の3つの値を測定し、何台のマシンを設置することが可能かを把握します。

特にプレハブの『高さ』には要注意です。

パワーラックなどの大型マシンは高さが2m以上ものがほとんど。

高さ2m以下のプレハブだと設置が難しいことになります。

VIVO
VIVO

高さの採寸が難しい場合は、購入時の設計書などを参考にしましょう!

手順2:設置するマシンを決める

プレハブのサイズの採寸が終わったら、実際に設置するマシンを決めていきます。

「ホームジムを作りたい!」と思っている方のほとんどは、設置したいマシンも既に決まっているはず。

あらかじめマシンが決まっている場合は、実際に設置可能かを判断します。

プレハブにホームジムを作る場合は、かなりの省スペースに設置しなくてはなりません。

購入したけど、設置できなかった…」ということがないよう、スペースにはゆとりを持ってマシンを決めましょう。

補足:設計図を作成してみる

プレハブの採寸も終わって、設置したいマシンも決めたけど具体的なイメージが湧かない…」という方は、ぜひ一度ホームジムの設計図を作成してみましょう。

上記の写真は、私が実際に作成したホームジムの設計図です。

こちらは『TUFFSTUFF社』が提供している、マシン設計図アプリ(TuffStuff Fitness International Room Planner)で作成することができます。

フィットネスショップ公式HP』にて無料で利用することが出来るので、ぜひ一度試してみてください。

フィットネスショップ公式HPはこちら

手順3:見積もりを作成する

設置するマシンも決まったら、かかる費用を算出するために『見積もり』を作成します。

実店舗でマシンを購入する方は、お店側に見積書の作成を依頼します。

ネットでマシンを購入する方は、自分でどのくらいの金額が発生するのかを計算しましょう。

ホームジム作りは非常に高額な費用が発生します。

必ず見積もりを作成し、自分の予算に見合った範囲でマシンを購入ましょう。

手順4:マシンを購入する

見積もりの作成が完了し金額も確認できたら、マシンを購入します。

ただし購入の際には、必ず『マシンの納期』も同時に確認しておきましょう。

特に大型マシンの場合は、海外からマシンを輸入していることがほとんどです。

メーカーに在庫が無い場合は、納期が2ヶ月〜3ヶ月になることもあるので注意しましょう。

VIVO
VIVO

海外からのマシン輸入は大幅に納期が遅れることもあります。

手順5:マシンを設置する

マシンの購入が終了し自宅に届いたら、いよいよマシンを設置していきます。

ただしパワーラックなどの大型マシンを設置する場合は、必ず2人〜3人で組立をしましょう。

重たいパーツを扱うマシンの組み立ては、想像以上にハードです。

万が一の怪我を防ぐためにも、複数人での組立をおすすめします。

マシンのパーツは重たいので、組立作業は想像以上に危険です。

自信がない方は、お金をかけてでも業者に組立を依頼しましょう。

プレハブにホームジムを作るための費用

プレハブに本格的なホームジムを作るための費用は『30万円〜100万円』が相場です。

もちろんマシンのスペックや数によって異なりますが、高額な費用が発生することは間違いないでしょう。

またホームジム作りにはマシン代金以外にも『送料・組立設置費・プレハブ改装費』なども発生する場合があります。

必ずあらかじめ予算を決めてからホームジム作りに取り掛かりましょう。

プレハブにホームジムを作る際のポイント

ここでは、プレハブにホームジムを作る際のポイントについて解説していきたいと思います。

ホームジム作りは「どの場所にマシンを設置するのか」によって注目すべきポイントも異なります。

プレハブでのホームジム作りのポイントは以下の3つです。

  • 換気設備を整える
  • 床の耐久度が低い場合は、コンパネ等を敷く
  • 必ず鍵を取り付ける

それでは順に解説していきます。

換気設備を整える

プレハブにホームジムを作る場合は、換気設備を整えることが大切です。

プレハブのような狭い空間に床材であるゴムマットを設置すると、ゴム臭が充満する可能性があるからです。

一軒家のように換気がスムーズな場所なら、マットの匂いは設置から時間が経てば、次第に改善されていきます。

プレハブのように閉鎖的な空間だと、換気システムが無いと、いつまでもマットのゴム臭が抜けない可能性が高いです。

換気扇を設置するのがベストですが、難しい場合は『電動ファン』などを設置して換気設備を整えるようにしましょう。

補足:ラバーマットならAKTIVLOKがおすすめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: crg.jpg

プレハブに設置するラバーマットは『AKTIVLOK インターロック式ラバーマット』がオススメです。

ゴムマット特有の匂いが少なく、値段もリーズナブルなのが特徴になります。

プレハブのような閉鎖的な空間でも、ゴムの匂いをあまり気にすることなくトレーニングが行えます。

1枚あたり『4,620円(税込)』と比較的リーズナブルでありながら、大手スポーツクラブやパーソナルジムでも使用されている高品質なラバーマットです。

床の耐久度が低い場合は、コンパネ等を敷く

プレハブにホームジムを作る場合に、最大の懸念点になるのが『床の耐久性』です。

しかしプレハブの床面が、木材で造られている場合は耐久度が低いので注意が必要になります。

その場合は『コンパネ+ラバーマット』の設置をおすすめします。

コンパネは、ホームセンターで販売されているもので十分です。値段も手頃なので必ず設置しましょう。

必ず鍵を取り付ける

プレハブにホームジムを作る場合は、必ず鍵を取り付けるようにしましょう。

意外とプレハブのホームジムに鍵を付けない方も多いですが、防犯上かなり危険です。

大型マシンは心配ありませんが、小物類は十分に盗まれる可能性はあります。

多額のお金をかけて造った大切なホームジムを守るためにも、必ずプレハブには鍵を取り付けましょう。

プレハブのホームジムにおすすめのマシン

ここではプレハブに設置するのにおすすめのマシンを紹介したいと思います。

プレハブにマシンを設置する際のポイントとなるのが『本体重量』です。

ガレージなどに比べて、プレハブの床の耐久性は低いことがほとんど。

そこでここで紹介するマシンは、比較的に本体重量が低めのものをピックアップしました。

ぜひ参考にしてみてください。

WASAI MK780 ハーフラック

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 51Zl205ph2L._AC_UL640_FMwebp_QL65_.jpg

日本のトレーニング器具ブランド『WASAI(和才)』が発売するハーフラックになります。

価格は『26,800円(税込)』とコストパフォーマンス抜群です。

本体重量は35kgで、床の耐久度が低いプレハブにもオススメできます。

ハーフラックなので、スペースも節約することが可能です。

耐荷重量は150kgとやや低めですが、それでも100kg前後のトレーニングなら十分行うことができます。

サイズ幅124×奥行100×高さ220(cm)
本体重量35kg
耐荷重量150kg
価格(税込)26,980円

FIGHTING ROAD HOMEGYM EX70

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 41bL8i8q+nL._AC_.jpg

トレーニングメーカー『FIGHTING ROAD(ファイティングロード)』が発売するマルチトレーニングマシンです。

1台で19種類のトレーニングが可能です。

省スペースのプレハブでも充実したトレーニングを行うことができます。

本体重量120kgと、マルチマシンの中では比較的に軽めのマシンです。

プレハブでも多くのトレーニング種目をこなしたい!」という方におすすめです。

サイズ幅115×奥行135×高さ210(cm)
本体重量120kg
耐荷重量
価格(税込)45,980円

マッスルビルダー ワイドベンチ セーフティバー付 THWS1SP

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: img57769467.jpg

ゴールドジムを運営する『株式会社THINKフィットネス』が製造・販売するオリジナルのベンチプレスです。

家庭用という位置付けではありながら、商品のスペック自体は施設用のベンチプレスとも大差はありません。

フレームが非常に頑強に造られており、高重量トレーニングも安心して行うことができます。

本体重量も68kgと安定感抜群です。

とにかくスペックの高いベンチプレスが欲しい!」という方は、これ一択でしょう。

サイズ幅122.5×奥行118×高109(cm)
重さ68kg
耐荷重量200kg
価格(税込)83,600円

リーディングエッジ マルチシットアップベンチ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 41olLsfKSUL._AC_UL640_FMwebp_QL65_.jpg

日本のトレーニング器具ブランド『リーディングエッジ)』が発売しているシットアップベンチ(腹筋台)になります。

プレハブのような床の耐久性が低い場所では、自重トレーニング用のマシンを設置することも床への負担を軽減する有効な手段です。

リーディングエッジのシットアップベンチは本体重量10kgと、非常に軽く設計されています。

縦に折り畳めるように設計されているので、使っていない時はコンパクトに収納することができます。

プレハブのホームジム作りには、欠かせないアイテムです。

サイズ幅35×奥行111×高さ53.5〜57.5(cm)
重さ10kg
耐荷重量110kg
価格(税込)5,500円

IROTEC ラバーダンベルセット 60kg

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: imgrc0079907408.jpg

家庭用のダンベルとして、トップクラスの人気を誇るアイロテックのラバーダンベルセットです。

ダンベルバーとラバープレートのセットになっており、『4.5kg〜30kg(片側)』までプレートを着脱しての重量設定が可能となっています。

プレハブのような省スペースの場所でも、ダンベルトレーニングならばスペースを節約してのトレーニングが可能です。

プレートがラバーコーティングされているので、床を傷つける心配もありません。

サイズ縦21.5×横42×高さ21.5(cm)
重量(片側)4.5kg〜30kg
価格(税込)18,260円

マシンを購入するならフィットネスショップもおすすめ

https://www.fitnessshop.jp/

マシンを購入したいけれど、amazonや楽天は何となく不安…」という方は、フィットネスショップの利用がおすすめです。

フィットネスショップは、大手スポーツクラブ・ゴールドジムを運営する『株式会社THINKフィットネス』が運営する専門ショップなので信頼が持てます。

またホームジム作りの相談やマシンの見積もり作成も全て『無料』で行ってくれます。

もしマシンの組立に自信がない方は、プロのスタッフに組立を依頼することも可能です(別途料金が必要)。

これからプレハブにホームジムを作ることを検討されている方は、ぜひフィットネスショップの利用を検討してみてください。

フィットネスショップ公式HPはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、プレハブにホームジムを作る方法を解説してきました。

ぜひ今回お話しした内容を参考に、ホームジム作りにチャレンジしてみてください。

また下記の記事では『ホームジムの作り方』についてさらに詳しく解説しています。

もっとホームジムの作り方を具体的に知りたい!」という方は、ぜひご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました