【ボディビルダー厳選】おすすめのパワーグリップ5選。選び方も解説

サプリ・ギア

「パワーグリップって色々あるけれど、どれを選んだらいいんだろう?」

上記でお悩みではありませんか?

最近では国内外の数あるフィットネスブランドが多種多様なトレーニングギアを発売しています。そのためパワーグリップだけで百種類以上もの商品が出回ってるのが現状です。

そこで今回は『ボディビルダー・元フィットネス用品店店長』である筆者が「おすすめのパワーグリップ」をご紹介。パワーグリップの効果と選び方についても解説します。

パワーグリップの効果

パワーグリップの効果は『握力の補助を行うこと』にあります。

チンニングやラットプルダウン時の握力をサポートし、指や前腕に余計な負荷がかかることを防止。パワーグリップを使用することで、指や前腕の筋肉の動員を最小限にできるので、背中の筋肉のみに負荷を与えることができます。

ちなみに筆者は、パワーグリップ無しで背中の筋トレは行いません。それほどにトレーニーにとって、パワーグリップは『背中の筋トレの必須アイテム』で効果も高いのです。

パワーグリップの選び方

ここでは『パワーグリップの選び方』について詳しく解説していきたいと思います。

特に初心者の方は「パワーグリップってどうやって選べばいいの?」という疑問をお持ちなのではないでしょうか。

商品によって様々な特徴があるのは事実ですが、今回ご紹介する以下の3つのポイントを意識しておけば『不良品』を選ぶリスクは避けられるはずです。

  • グリップ力に優れているか
  • ベロの長さに注目する
  • ジャストサイズよりもやや大きめがおすすめ

それでは順に深堀していきます。

グリップ力に優れているか

パワーグリップを選ぶうえで「グリップ力がどれだけ優れているか」ということが最も大切な要素です。

どれだけコスパが良くてデザインに優れていても、グリップ力が弱くては、握力のサポートを十分に行うことができません。

グリップ力に関しては、明確な数値で表されているわけではありませんが『ラバー素材』のパワーグリップは、比較的にグリップ力が高い商品と言えます。

ベロの長さに注目する

パワーグリップを選択する際には『ベロの長さ』にも注目しましょう。

バーベルやダンベルに巻きつける部分の『ベロ』が短いパワーグリップは、手のひらで握り込める面積が狭いため、使いにくい傾向にあります。

ネットショップでは分かりにくいため、当サイトなどの評価を参考にしてみてください。もちろん実店舗で購入する場合は、実際に試着して確かめてみましょう。

ジャストサイズよりもやや大きめがおすすめ

パワーグリップを選ぶ際には『やや大きめサイズ』を選択するようにしましょう。

例えば、自身の『手首サイズ17cm』とします。購入を検討している商品が『Sサイズ=16cm』『Mサイズ=17cm』を規定サイズとしているならば、この場合は迷わず『Mサイズ』を選択してください。

理由は「ジャストサイズのパワーグリップは、高重量種目の際に手首を締め付けられるから」です。さらにサイズが小さいと、握れるベロの面積も小さくなり、使いずらいのです。

おすすめのパワーグリップ5選

本題である『おすすめのパワーグリップ』をご紹介していきたいと思います。

ちなみにここで紹介するパワーグリップは「全て筆者が実際に費用した経験のあるもの」のみをピックアップしました。筆者の経験と商品知識から、厳選したもののみを紹介しているので、安心してください。

今回ご紹介するパワーグリップは以下の5つです。

  • ゴールドジム・パワーグリッププロ
  • Schiek(シーク)・アルティメイトグリップ
  • Cobra Grips・コブラグリップス
  • ハービンジャー・リフティンググリップ
  • ゴールドジム・パワーグリップクラシック

それでは順に解説していきます。

ゴールドジム・パワーグリッププロ

https://www.amazon.co.jp/

パワーグリップ選びに迷っているなら、正直このパワーグリップ一択です。

まずベロが他商品に比べて圧倒的に長い。筆者はこのパワーグリップを使用して5年ほどですが、どの種目でも『使いずらい』と感じたことは一度もありません。

そして最大の魅力は『グリップ力に優れている』ということ。とにかくベロのラバー素材のグリップ力が素晴らしく、全く滑ません。

とにかく最高のパワーグリップが欲しい!」という方は、この商品一択です。

グリップ力が抜群に高い。全く滑らない

他のパワーグリップに比べてベロが長い。どんな種目でも使いやすい

耐久性も抜群。筆者は3年目だが、まだまだ使える。高重量種目も問題なし

最高品質のパワーグリップをお求めの方に

Schiek(シーク)・アルティメイトグリップ

https://item.rakuten.co.jp/

海外のトレーニングギアブランド『Schiek(シーク)』が発売しているパワーグリップ。

グリップ性能が非常に高く、質感も柔らかいため、どんな種目でもフィット感があって使い易いです。

また厚手のゴムを2重構造にして製作されており、耐久性が高いことも特徴。デッドリフトやベントオーバーローイングなどの高重量種目でも安心して使用することができます。

カラーバリエーションも『ブラック・レッド・ブルー・ピンク』の4色展開でデザインもオシャレ。国内外問わず、人気のパワーグリップです。

海外のトレーニングギアブランド『Schiek(シーク)』が製作・発売

グリップ性能・フィット性が高く、どんな種目でも使い易い

特殊な2重構造で耐久性も高い。高重量種目でも安心して使える

『ブラック・レッド・ブルー・ピンク』の4色展開。デザインもオシャレ

Cobra Grips・コブラグリップス

https://www.amazon.co.jp/

トレーニングの本場アメリカで生まれたパワーグリップになります。

人間工学的に設計された特殊な形状のベロは、非常に扱い易い設計になっています。特に手が小さい方には非常におすすめ。

また5,000円以下で手に入るコストパフォーマンスながら、グリップ力・耐久性など一通りのスペックも高いパワーグリップです。

カラーバリエーションも10種類以上あるのも、魅力の一つです。

トレーニングの本場アメリカで生まれたパワーグリップ

人間工学的に設計された形。手が小さい方でも扱い易い

5,000円以下で手に入る。コスパ良し

グリップ力・耐久性ともに十分なスペック

カラーは10種類以上。バリエーション豊富

ハービンジャー・リフティンググリップ

https://www.amazon.co.jp/

本場アメリカのトレーニングブランド『ハービンジャー』が発売しているパワーグリップになります。

パワーグリップの中でも珍しい『コットン』素材を採用しており、他のラバータイプのパワーグリップと比べて、やや柔らかいのが特徴です。

素材が柔らかいためグリップ力は他製品に比べやや劣りますが、非常に巻きつけ易いのが魅力。トレーニング初心者や女性の方でも、扱い易いパワーグリップです。

価格も4,000円以下と、手頃な値段で購入することができます。

本場アメリカのトレーニングブランド『ハービンジャー』が発売

『コットン』素材を採用。素材が柔いので、巻きつけ易い

初心者や女性の方におすすめ

ややグリップ力には欠けるが、使い易い

お値段は4,000円以下と、パワーグリップの中ではトップクラスのコスパ

ALL OUT パワーグリップ プロ

https://www.amazon.co.jp/

日本代表ボディビルダー浅野喜久男氏とNPCJノービスチャンピオン佐藤美幸氏が監修したパワーグリップです。

300kg以上の重量にも耐えられる耐久性能とラバー素材でグリップ力も申し分ありません。トレーニング初心者から上級者まで、あらゆる層におすすめできるパワーグリップです。

最初はやや『素材が硬い』という印象がありますが、使いこんでいけばフィット感も出てきます。ベロも長いので、あらゆる種目に対応することが可能。

お値段も3,000円以下と、コストパフォーマンス抜群です。

日本代表ボディビルダー浅野喜久男氏とNPCJノービスチャンピオン佐藤美幸氏が監修

300kg以上の重量に耐えられる耐久性能と高いグリップ力が魅力

最初はやや硬いが、使うほどに馴染んでくる

ベロの長さも十分。あらゆる種目に対応できる

価格は3,000円でコスパ抜群

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『おすすめのパワーグリップ』ということで、筆者がおすすめするパワーグリップを5つご紹介してみました。

『ボディビルダー』としての経験と『フィットネス用品店元店長』の知識から厳選した商品をピックアップしたので、パワーグリップ探しをされている方は、ぜひ参考にしてみてください。

またFitLabでは、読者の方からのボディメイクやジムに関する質問や相談を『無料』で受け付けています。もしご質問やご相談があれば問い合わせフォームからお気軽にお伝えください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました