【厳選】ホームジムにおすすめのハーフラック5選

ホームジム・マシン

ホームジムにハーフラックを置きたいけれど、どれを選べばいいの?」というお悩みを解説します。

今回はフィットネス用品店の店長として4年間働いた筆者が、自身の経験と知識を活かして、おすすめのハーフラックを5つピックアップしました。

これからホームジムにハーフラックを設置することを検討されている方は、必見です。

筆者:VIVO
筆者:VIVO

フィットネス用品店の店長として4年間働いていました!
これまで個人宅はもちろん、パーソナルジムやフィットネスクラブのマシン販売・設置を行ってきました。
今回は、その経験を生かしてホームジムにおすすめのハーフラックを5つご紹介します!

省スペースで本格的なトレーニングができるハーフラック

ハーフラックは、ボックス型のパワーラックと違って、省スペースで設置できることが最大のメリットです。

パワーラックの約半分の高さしかない物もあるので、天井が低い部屋にも設置できます。

BIG3(スクワット・ベンチプレス・デッドリフト)を中心としたトレーニングが可能で、初心者から上級者まで幅広い層のトレーニングに適しています。

組立にも危険が少ないので、基本的には一人で設置ができることも特徴です。

また下記の記事では『おすすめのパワーラック』をご紹介しています。もしパワーラックかハーフラックかで迷われているなら、ぜひ参考にしてみてください。

ホームジムに設置するハーフラックを購入する際のポイント

ハーフラックを購入する際には、いくつかのポイントを抑えておく必要があります。

とりあえずレビュー評価が高いから…」という理由だけで、商品を選んでしまうと思わぬトラブルが発生することがあります。

ホームジムに設置するハーフラックを購入する際は、必ず以下のポイントを理解しておきましょう。

  • 部屋のサイズを確認しておく
  • 耐荷重量に注意する
  • 本体重量に着目する

それでは順に解説していきます。

部屋のサイズを確認しておく

ハーフラックに限らず、必ずホームジムに設置するマシンを購入する際には、あらかじめ部屋の全長サイズを確認しておきましょう。

部屋の全長が設置したいマシンより小さかった場合「購入したのに設置できない…」という最悪の事態になります。

パワーラックに比べて、ハーフラックは高さが無いので、部屋の天井高はほとんど心配する必要はありません。

ただしハーフラックを設置する場合は、最低でも1.8m以上の幅は確保しておきましょう。1.8m以下のスペースしかないと、ハーフラックにバーベルを設置できず、トレーニングが不可能になります。

耐荷重量に注意する

ハーフラックを選ぶ際は、まず『耐荷重量』に着目する必要があります。

耐荷重量とは「そのマシンが耐えられる重量」を表しており、耐荷重量を越えてトレーニングを行うとマシンが破損する可能性があります。

主にハーフラックの耐荷重量は『150kg〜500kg』となっており、自分のトレーニング強度に応じたスペックのハーフラックを選択することが大切です。

200kgを超えるトレーニングをしたいのに「安いから…」という理由だけで、耐荷重量150kgのハーフラックを選んでしまうと、マシンの破損や怪我のリスクに繋がるので注意しましょう。

本体重量に着目する

ハーフラックを選ぶ際は『本体重量』に着目することも大切です。

ハーフラックの本体重量は『30kg〜150kg』と様々で、基本的には本体重量が軽いものの方が、価格も安い傾向にあります。

ただし200kgを超えるような高重量トレーニングを行いたいなら、軽いハーフラックはおすすめしません。トレーニング中にハーフラックが動いて、怪我のリスクが高まるからです。

自分のトレーニング強度に応じて、ハーフラックを選ぶことが大切です。

おすすめのハーフラック5選

本題である『おすすめのハーフラック』を紹介します。

発売されているハーフラックの数は決して多くは無いですが、「とりあえず安いから」といって適当に選んでしまうのは非常に危険です。

ここで紹介する以下の5つのハーフラックは、品質も評判も良いものばかりです。ぜひ参考にしてみて下さい。

  • TUFFSTUFF CHR-500 ハーフケージ
  • POWERTEC WB-HR19 ハーフラック
  • IROTEC パワースクワットラック
  • BODYMAKER ハーフラック
  • WASAI MK780 ハーフラック

それでは順に解説していきます。

TUFFSTUFF CHR-500 ハーフケージ

https://www.fitnessshop.jp/

アメリカのトレーニング器具ブランド『TUFFSTUFF(タフスタッフ)』が発売しているハーフラック。

『本体重量107kg』『耐荷重量270kg』と非常に高スペックで、高強度トレーニングにも十分耐えられるハーフラックです。

さらにセーフティーバーは『ワンタッチ式』でスムーズに高さを調整することが可能。プレートホルダーが標準装備されているので、プレートツリーを別途購入する必要もありません。

スペックの高いハーフラックが欲しい!」という方には非常におすすめです。

サイズ幅165×奥行150×高さ213(cm)
本体重量107kg
耐荷重量メーカー非公表
価格(税込)264,000円

POWERTEC WB-HR19 ハーフラック

https://www.fitnessshop.jp/

アメリカのマシンメーカーである『POWERTEC(パワーテック)』が発売するハーフラック。

横幅127cm、奥行91cmと省スペースで設置できるのが魅力。耐久重量は『450㎏』と高重量トレーニングも全く問題なしです。

またオプション(WB-LTO ラットタワーオプション)にて、ラットプルダウンマシンを装備することも可能。トレーニングバリエーションを増やすことができます。

省スペースでスペックの高いハーフラックを設置したい!」という方におすすめです。

サイズ幅127×奥行91×高さ208(cm)
本体重量56kg
耐荷重量ラック:450kg、チンニングバー:180kg
価格(税込)96,800円

IROTEC パワースクワットラック

https://search.rakuten.co.jp/

トレーニング器具ブランド『IROTEC』が発売しているハーフラックになります。

価格『42,900円(税込)』とコストパワーマンス抜群ながら、高重量トレーニングにも耐えられる頑強なフレームが魅力です。

セーフティーバーは6段階の高さ調節が可能なので、マルチベンチ(別売り)を購入すれば、ベンチプレスを行うことも可能になります。

プレートホルダーも標準装備しているので、プレートの収納にも困りません。

サイズ幅110×奥行138×高さ163(cm)
本体重量45kg
耐荷重量メーカー非公表
価格(税込)42,900円

BODYMAKER TM172 ハーフラック

https://www.amazon.co.jp/

日本のフィットネスブランド『BODYMAKER(ボディーメーカー)』が発売しているハーフラック。

本体重量も54kgと安定感があり、穴のピッチも3.5cmなので高さの微調整も可能です。

セーフティーバーの長さも約34cmあるので、スクワットも安心して行えます。

またオプションでラットマシンの装着も可能。背中のトレーニングもこれ一台で行うことが可能です。

サイズ幅122×奥行108×高さ204(cm)
本体重量54kg
耐荷重量メーカー非公表
価格(税込)89,900円

WASAI MK780 ハーフラック

https://www.amazon.co.jp/

日本のトレーニング器具ブランド『WASAI(和才)』が発売するハーフラックです。

価格は『26,800円(税込)』とコストパフォーマンス抜群。

本体重量が35kgとやや安定感には欠けますが、床への負担も少ないので、高重量トレーニングをしない方にはおすすめです。

耐荷重量は150kgですが、100kg前後のトレーニングなら十分に行えます。

スペックよりもコスパを重視したい!」という方におすすめです。

サイズ幅124×奥行100×高さ220(cm)
本体重量35kg
耐荷重量150kg
価格(税込)26,980円

ハーフラックを購入するならフィットネスショップがおすすめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-07-28-23.56.56-1024x723.png
https://www.fitnessshop.jp/

ハーフラックをネットショップで購入したいけれど、楽天やamazonは何となく不安…」という方もいらしゃるのではないでしょうか。

そんな方は『フィットネスショップ』でのマシン購入がおすすめです。

大手スポーツクラブ・ゴールドジムを運営する『株式会社THINKフィットネス』が運営する専門ショップなので信頼が持てます。

今回紹介した商品の中では『TUFFSTUFF CHR-500 ハーフケージ 』と『POWERTEC WB-HR19 ハーフラック 』が購入可能です。

さらに公式ネットショップでの購入なら『送料無料』でハーフラックを購入することも可能。組立スタッフも派遣してくれます(別途料金が必要)。

フィットネスショップ公式

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハーフラックは省スペースで設置ができて、ホームジムにはピッタリの器具です。

これからホームジムに設置するハーフラックの購入を検討されている方は、今回ご紹介した中から、自分に合ったハーフラックをピックアップしてみてください。

またFitLabでは、読者の方からの関する質問や相談を『無料』で受け付けています。ホームジム作りはもちろん、フィットネス関連の質問ならば何でもお答えします。

もしご質問やご相談があれば問い合わせフォームからお気軽にお伝えください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました