ガレージにホームジムを作る方法。おすすめのマシンも紹介

ホームジム・マシン

ガレージにホームジムを作りたいけれど、どうしたらいいの?

上記でお悩みではありませんか?

最近ではスポーツジムに通わず自宅にホームジムを作る方も増えてきました。そんなホームジムを作る場所として、多くの方が選ぶのが『ガレージ』です。

そこで今回はフィットネスマシンのプロである筆者が『ガレージにホームジムを作る方法』を解説。

ガレージにホームジムを作るまでの手順や費用、おすすめのマシンも同時に解説します。

これから自宅のガレージにホームジムを作ることを検討されている方は、必見です。

筆者:VIVO
筆者:VIVO

フィットネス用品店の店長として4年間働いていました!
これまで個人はもちろん、パーソナルジムやフィットネスクラブのマシン販売・設置を行ってきました。
今回は、その経験を生かしてガレージにホームジムを作る方法を解説します!

ガレージにホームジムを作るまでの手順

まずはガレージにホームジムを作るまでの手順について解説したいと思います。

ホームジム作りは、しっかりと段階を踏んで計画的に進めていくことが大切です。

ここでお話しする以下の手順で、ホームジム作りを進めてください。

  1. ガレージのサイズを採寸する
  2. 設置するマシンを決める
  3. 見積もりを作成する
  4. マシンを購入する
  5. マシンを設置する

それでは順に詳しく解説していきます。

手順1:ガレージ内のサイズを採寸する

まずは、ガレージ内のサイズを採寸することからスタートしましょう。

ガレージの『縦・横・高さ』の3つの値を測定し、どのくらい数のマシンを設置することが出来るのかを把握します。

特にガレージの『高さ』には要注意です。

パワーラックなどの大型マシンを購入したい場合、ガレージの高さが足りていないと設置できない危険性があります。

ガレージのサイズの採寸は手間がかかりますが、必ず手を抜かず自分の手で採寸しましょう。

手順2:設置するマシンを決める

ガレージのサイズの採寸が終わったら、実際に設置するマシンを決めていきます。

「ホームジムを作りたい!」と思っている方のほとんどは、設置したいマシンも既に決まっているはず。

あらかじめ設置したいマシンが決まっている場合は、希望のマシンが実際に設置可能かを判断します。

もしスペースにゆとりがある場合は、他のマシンも設置できるのか検討してみましょう。

補足:設計図を作成してみる

ガレージの採寸も終わって、設置したいマシンも決めたけど具体的なイメージが湧かない…」という方は、ぜひ一度ホームジムの設計図を作成してみましょう。

上記の写真は、筆者が実際に作成したホームジムの設計図です。

こちらは『TUFFSTUFF社』が提供している、マシン設計図アプリ(TuffStuff Fitness International Room Planner)で作成することができます。

フィットネスショップ公式HP』にて無料で利用することが出来るので、ぜひ一度試してみてください。

フィットネスショップ公式HPはこちら

手順3:見積もりを作成する

設置するマシンも決まったら、次は実際にかかる費用を算出するために『見積もり』を作成します。

実店舗でマシンを購入する方は、お店側に見積書の作成を依頼します。

ネットショップでマシンを購入する方は、自分でどのくらいの金額が発生するのかを計算しましょう。

ホームジム作りは非常に高額な費用が発生します。

必ず見積もりを作成し、自分の予算に見合った範囲でマシンを購入ましょう。

手順4:マシンを購入する

見積もりの作成が完了し金額も確認できたら、いよいよマシンを購入します。

ただし購入の際には、必ず『マシンの納期』も同時に確認するようにしましょう。

特に大型マシンの場合は、海外からマシンを輸入している場合がほとんどです。

メーカーに在庫が無い場合は、2ヶ月〜3ヶ月の納期がかかることも有り得るので注意が必要となります。

手順5:マシンを設置する

マシンの購入が終了し自宅に届いたら、いよいよマシンを設置していきます。

ただしパワーラックなどの大型マシンを組み立てる場合は、必ず2人〜3人で組立を行うようにしましょう。

重たいパーツを扱うマシンの組み立ては、想像以上にハードです。

万が一の怪我を防ぐためにも、複数人での組立をおすすめします。

ガレージにホームジムを作るための費用

ガレージに本格的なホームジムを作るためにかかる大まかな費用は『30万円〜100万円』が相場です。

もちろんマシンメーカーやホームジムの規模によって異なりますが、かなり高額な費用が発生することは間違いないでしょう。

またホームジム作りにはマシン代金以外にも『送料』や『組立設置費』、『ガレージ改装費』も発生する場合があります。

必ずあらかじめ予算を決めてからホームジム作りに取り掛かりましょう。

ガレージにホームジムを作る際のポイント

ここでは『ガレージにホームジムを作る際のポイント』について解説していきたいと思います。

ホームジム作りは「どの場所にマシンを設置するのか」によって意識すべきポイントも異なります。

ガレージでのホームジム作りのポイントは以下の3つです。

  • 床材は2層で設置するのがポイント
  • 冷暖房設備も付けるのがおすすめ
  • ガレージには必ず鍵を付ける

それでは順に解説していきます。

床材は2層で設置するのがポイント

ガレージにホームジムを作る場合は、床材を2層で設置するのがおすすめです。

理由は「ガレージはコンクリートの床面になるため、トレーニング中に膝を痛めてしまう可能があるから」です。

予算に余裕があるなら『ジョイントマット+ラバーマット』の2層で床材を設置しましょう。

スクワットなどのハードな種目でも、クッション性があるため『膝を痛めるリスク』も軽減されるはずです。

冷暖房設備も付けるのがおすすめ

ガレージには、冷暖房設備が付いていない場合がほとんどだと思います。

しかし真夏や真冬のトレーニングは、いくら室内のガレージであっても困難を極めます。

特に真夏は熱中症のリスクもあるので、非常に危険です。

予算に余裕があるなら、マシンを追加購入するのではなく、冷暖房設備を設置するのがおすすめです。

ガレージには必ず鍵を付ける

ガレージにホームジムを作る場合は、必ず鍵を付けましょう。

筆者が担当してきたお客様の中には「留守の間にトレーニング器具を取られた…」という方も実際にいました。

大型のマシンは心配無いでしょうが、ダンベルやアタッチメント盗まれる可能性は十分あります。

せっかく多額のお金を使って作成したホームジムを守るためにも、必ず鍵は付けるようにしましょう。

ガレージにホームジムを作る方におすすめのマシン

ここではガレージに設置するのにおすすめのマシンを紹介したいと思います。

なお今回は筆者イチオシのメーカーである『POWERTEC(パワーテック)』のマシンからピックアップしました。

パワーテックのマシンは価格こそ、やや高額であるものの、品質が非常に高くて頑丈です。

ガレージに設置するには最適なマシンメーカーですので、ぜひ参考にしてみてください。

WB-PR19 パワーラック

出典:https://www.fitnessshop.jp/

パワーテックマシンの中で最も人気のある家庭用パワーラックです。

最大の魅力は『耐荷重量454kg』という耐久性能で、高重量・高強度トレーニングも難なく行うことができます。

黒を基調としたカッコいいカラーリングと、厚みのあるフレームでビジュアルも抜群。

ガレージに設置すれば、迫力のあるホームジムになること間違いなしです。

サイズ幅127×奥行129×高さ210(cm)
本体重量97kg
耐荷重量ラック:454kg、チンニング・ディップスバー:180kg
価格(税込)143,000円

WB-UB20 レバレッジシステム


出典:https://www.fitnessshop.jp/

1台で20種類以上のトレーニングが可能なマルチマシンになります。

プレートローディング式になっており、かなりの高重量まで負荷を上げていくことも可能です。

パワーラックと一緒にガレージに設置すれば、フリーウェイトとマシントレーニングの両方をこなすことができます。

1台で多数のトレーニングが出来るので、省スペースのガレージにもおすすめです。

サイズ幅146×奥行207×高さ208(cm)
本体重量120kg
耐荷重量プレスアーム部:225kg、ラットプルダウン:135kg
価格(税込)264,000円

WB-RS19 ローラースミスマシン

https://item.rakuten.co.jp/

バーベルをレール状に固定したスミスマシンになります。

ホームジムトレーニングは一人で行う方がほとんどですが、スミスマシンなら補助無しでも安全に行うことができます。

またスミスマシンの中でも非常にコンパクトなタイプなので、省スペースのガレージにも設置できます。

フレームも頑強に造られているので、高重量トレーニングも行うことが可能です。

サイズ幅217×奥行107×高さ210(cm)
本体重量101kg
耐荷重量約204.3kg
対応プレートサイズ50mm
価格(税込)214,500円

P-LP19 レッグプレス

https://item.rakuten.co.jp/

プレートローディング式の45°レッグプレスマシンです。

家庭用のレッグプレスながらスペックは十分で、耐荷重量『450kg』高重量のレッグプレストレーニングも難なく行えます。

フットプレートの面積も広いので、足幅を変えて『大臀筋』や『ハムストリングス』のトレーニングも可能です。

かなりの高重量が扱えるレッグプレスですが、床がコンクリートのガレージなら設置にも全く問題無しです。

サイズ幅93×奥行201×高137(cm)
本体重量100kg
耐荷重量450kg
価格(税込)198,000円

L-SC19 レバレッジスクワット&カーフ

出典:https://www.fitnessshop.jp/

スクワットとカーフレイズが可能な、プレートローディング式のスクワットマシンになります。

日本のトップビルダーである『木澤大佑選手』も愛用しているスクワットマシンで、150kgを超える高重量スクワットも可能です。

また通常のフリーウェイトでのスクワットに比べて、軌道も決まっているので、怪我のリスクも少ないのが魅力。

ガレージでのハードなトレーニングにピッタリのマシンです。

サイズ幅140×奥行147×高さ157(cm)
本体重量85kg
耐荷重量225
価格(税込)132,000円

マシンの購入ならフィットネスショップがおすすめ

出典:https://www.fitnessshop.jp/

マシンを購入したいけれど、amazonや楽天は何となく不安…」という方は、フィットネスショップの利用がおすすめです。

フィットネスショップは、大手スポーツクラブ・ゴールドジムを運営する『株式会社THINKフィットネス』が運営する専門ショップなので信頼が持てます。

またホームジム作りの相談やマシンの見積もり作成も全て『無料』で行ってくれます。

もしマシンの組立に自信がない方は、プロのスタッフに組立を依頼することも可能です(別途料金が必要)。

これからガレージにホームジムを作ることを検討されている方は、ぜひフィットネスショップの利用を検討してみてください。

フィットネスショップ公式HPはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ガレージにホームジムを作る方法を解説してきました。

ぜひ今回お話しした内容を参考に、ホームジム作りにチャレンジしてみてください。

また下記の記事では『ホームジムの作り方』についてさらに詳しく解説しています。

もっとホームジムの作り方を具体的に知りたい!」という方は、ぜひご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました